ユニバース倶楽部口コミ体験レポート|20代前半昭和アイドル系ナギサ

タクヤです。

今回は、ユニバース倶楽部で久しぶりにビビッ!ときた女性がいたので思わずオファーをしました。

交際が一通り落ち着いたので、口コミ体験レポートをご紹介しますね。

ナギサさんのプロフィール


ユニバース倶楽部 口コミ
名前:ナギサ
クラス:プラチナ
年齢:20代前半
見た目:昭和の清純派アイドル
バスト:Eカップ
身長:158cm
体重:50kg
仕事:大学生
登録エリア:東京
居住エリア:東京
交際タイプ:B

ナギサは、黒髪ロング・垂れ目・タヌキ顔、白と水色のワンピースと、「清楚」をそのまま表現したような見た目の女性でした。

僕にとってドストライクだったのですが、ナギサの雰囲気が好きじゃない男性はいないのでは?と思うほどの清楚ぶりでした。

ルックスとしては、乃木坂46でセンターを張っていそうなレベルの清楚系アイドル顔で、ちょっと昭和感を感じるところも好みでした。

スレてなさそう、、というやつですかね。

で、プロフィールを見ると、本人も実際に「昭和アイドルが好きで、松田聖子、山口百恵のファン」だそうで、自分でも意識をしているそうです。

あれ?この娘何歳かな?と思いましたが、年齢は20歳前半、どういう流れで昭和アイドルに興味を持ったのか、実に興味深いです。

君、まだ生まれてもないんじゃ…?

ナギサさんにオファー

ユニバース倶楽部 口コミ

というわけで、ユニバース倶楽部でナギサを見た瞬間に、「ビビッ!」ときて、すぐにオファーを出しました。

オファーについてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部のオファーの受け方、オファーのやり方を徹底解説

絵に描いたような清楚系

ユニバース倶楽部 口コミ

僕の思い込みかもしれませんが、「絶対に、パパ活とかしてなさそう」「お水とか風俗とかしてなさそう」な雰囲気です。

「これは、他の男性に取られる前に、ツバを付けておかなければ…」と思い、すぐにオファーをしました。

大体、自分好みの女性が新規登録しても、一旦、お気に入りリストに入れて、即オファーは滅多にしないのですが、ナギサに関しては、「すぐにオファーしないと、後々後悔しそうだな…」と感じたので、そのとき空いているスケジュールすべての日を希望日にしてオファーを出しました。

こういう、清楚系のパパ活や交際クラブと無縁そうな女性は、登録して間もなく非表示にされたり(オファーが殺到して怖くなったり)、退会してしまったり(すぐにパパができたり、怖くて止めてしまったり)しますからね。

「僕を、ここまで行動させるのはなかなかいないレベル」の清楚系美人(可愛いも持ち合わせた美人)で、プロフィールを見る限り内面も良さそうだったので、「この娘となら、割り切りじゃなく、気持ちの面でも良いお付き合いができそう!」と思ったんです。

こういう「ビビッ」ときた感覚は、なかなか論理的な説明が難しいのですが、気持ちに正直にオファーはすぐにすべきですね。

今までの経験から、こういうきっかけを後回しにすると、先ほど言ったように、すぐに休会・退会されて、結局オファーできずに終わるなど、ろくなことになりませんから。

学生ではなくフリーター

ナギサは、20代前半とかなり若いのですが、学生ではないようです。

プロフィールページを見る限り、仕事はしているようで、フリーターのようですね。

ただ、漫画家志望で、デザイナーの一面もあるので、そういった芸術方面で道を開くべく、今の経済状況をサポートしてくれる男性を探している、とのことでした。

このあたりは、ユニバース倶楽部では、かなり細かくプロフィールページを作り込んでくれるので、面接担当してくれたスタッフに感謝です。

見た目や動画だけでは分からない部分は、プロフィールやスタッフコメントはかなり良い参考になりますからね。

ナギサにオファーをしたところ、ちょうど第1~3希望の日程まで海外旅行に出かけているとのことで、第4希望の日程でデートが決まりました。

それでも、10日後くらいなので、デート当日を楽しみに待ちます。

ナギサさんとのデート当日!

そして、待ちわびたデート当日、ナギサとの待ち合わせ場所に10分前くらいに到着しました。

ナギサは、交際タイプB!パパ活はアプリなどで経験があるとプロフィールに記載されていましたが、ほとんど未経験のようで、じっくり攻略していきたかったので、初回デートは顔合わせのみ、というスタンスでした。

ユニバース倶楽部 口コミ

そのため、予約したお店も、いつものホテル近くのイタリアンレストランではなく、都内某駅近くにあるシティホテルのカフェラウンジです。

ここなら、周りのテーブル・お客との距離が離れているので、安心してパパ活の話もできるし、交際タイプB以下の女性との顔合わせにはピッタリ、いつも愛用しています。

ラウンジの入口で待っていると、待ち合わせ時間3分ほど前に、見知らぬ電話番号から着信がありました。

出てみると、可愛らしい女性の声が聞こえてきます。

ナギサ「あ、はじめまして~ナギサです」

タクヤ「ナギサさんですか?はじめまして、タクヤです!」

ナギサ「今、待ち合わせ場所に着いたと思うのですが、、」

タクヤ「あっ、本当ですか?ちょっと探してみますね」

キョロキョロと周りを見渡すと、スマホ片手にした綺麗な女性が僕と同じようにキョロキョロしていました。

お互いに目が合います。

ナギサ「あっ!見つけました~」

電話を切ります。

ナギサさんとご対面

管理人タクヤ

ナギサ「はじめまして~ナギサです、今日はよろしくお願いします。」

ものすごく礼儀正しい子です。

プロフィールで見た通り、清楚系をそのまま表したような女性で、でも昭和チックな印象もある、アイドルのような素敵な女性でした。

白と薄いピンクのワンピースがものすごく似合っていて、「こんな子がパパ活してるのか…」と驚かざるを得ません。。

興奮と驚きを隠しつつ、挨拶を続けます。

タクヤ「こちらこそ、よろしくお願いします、タクヤです。お会いできて嬉しいです(^^)」

ナギサは、常に笑顔でニコニコと温和な表情をしていて、喋り方も穏やかで柔らかいので、すぐに「あ、この娘とはフィーリングが合うな」と感じました。

喋り方・表情だけでも、合う合わないの判断は何となくできますからね。

タクヤ「ここのラウンジ予約しているから、中に入りましょうか!」

ナギサ「はい、ありがとうございます。」

店に入って、席まで歩いて行く途中で、ナギサがぽつりと喋ります。

ナギサ「緊張で手汗がすごいです…(^^;)」

タクヤ「あっ、ほんと?(笑)」

タクヤ「全然、緊張しなくて大丈夫だよ~、でも初対面の年上の男性だもんね、緊張するよね(笑)」

タクヤ「僕も、美人さんが来て、今緊張してるから一緒だね(笑)」

などと、軽口をたたいて、少しでもナギサの緊張をほぐそうとします。

ナギサは、見た目は「ザ清楚系アイドル」のような雰囲気ですが、体型はややぽっちゃりとしていて、「食べるのが大好き!」という感じでした。

僕は痩せている子の方が好みなのですが、ナギサは僕が許容するギリギリのぽっちゃり具合でした。

ナギサさんとのパパ活

ホテルのカフェラウンジでパパ活スタート

カフェラウンジの席に着き、ナギサとのパパ活がスタートします。

まずは、ナギサに交通費として1万円を手渡します。

そして、すかさず、お土産として買っておいたお菓子もプレゼント。

ユニバース倶楽部 口コミ

交通費以外のプレゼントを初回デートでもらったことは無かったのか、驚き、喜んでくれました。

いきなり、高額なプレゼントは引かれますが、こういう些細な贈り物は喜ばれるので、女性のポイントアップのためにはおすすめです。

待ち合わせ時間がティータイムだったので、ランチは食べずに、2人でお茶とケーキを注文しました。

まずはお互い自己紹介

まずは、お互いに自己紹介です。

僕は、自分の仕事内容や趣味、ユニバース倶楽部に入会した理由、どういう女性と交際してきたか、ナギサにオファーをした理由などを、喋りました。

ナギサからは、今やっている仕事、これからやりたいこと、ユニバース倶楽部に入会した理由などを話をしてくれました

話を聞くところによると、ナギサは今は飲食店でバイトをしているフリーターだけど、将来は漫画家やデザイナーとして生活をしていきたいと思っているようです。

ただ、今の状態だと、とてもそれだけで生活は難しいので、バイトもしている、けれどバイトで時間を割かれると、漫画を描いたり、デザインをする時間が無くなるから、スキルアップ・成長もなかなかできないようでした。

そこで、フリーターをしなくても、漫画家やデザインの仕事に集中できるくらいサポートをしてくれる男性(パパ)を探して、ユニバース倶楽部に入会したそうです。

この話を聞いて、嘘は無さそうでしたし、実際に描いた漫画や絵も見せてくれたので、信用して、サポートをしてあげたい、と思いました。

やっぱり、長期交際したいと思える女性は、見た目や内面ももちろんですが、「夢に向かって頑張っている」感じが伝わると、応援してあげたくなりますね。

まだ、出会ってから2時間も経っていない女性に対して、僕はもう交際する気満々でした。

ナギサにアピール

ユニバース倶楽部 口コミ

ナギサの今の生活環境、経済事情、夢やこれからやりたいことなどを聞いて、素直に「俺でよかったら、ナギサのことサポートしたいな」という言葉が出てきました。

見た目が良くて、フィーリングが少なからず合えば、相手が大人交際OKなら、交際に発展するのは簡単ですが、本気でしっかりとサポートしたい!と思う女性はなかなかいません。

それこそ、見た目はもちろん、フィーリングもお互いにとても合うこと、純粋に夢を応援してあげたいと思うこと、長く良いお付き合いがしたい!と純粋に感じることができるかどうか、このあたりの要素がすべて無いと、本気のサポートはなかなか難しいです。

本気のサポートとは、割り切り女性と比べても良い条件のサポート、定期払いも含めた、女性が安心できるサポートのことですね。

経済力がとても高い男性なら、このあたりをあまり気にせずとも、気になった女性に良いサポートができるのでしょうが、僕のような中途半端な金持ちにとっては、お金はとても貴重なものなので、「本当に気に入った、本当にサポートして夢を応援してあげたい」と思った女性にしかできないんですね。

そして、ナギサは、僕がユニバース倶楽部で出会った女性の中では、久しぶりに、心から応援してあげたいと感じた女性でした。

そして、そのことをナギサ本人にも伝えて、「頑張ってるナギサを応援したい」「少しでもお力になれたらと思います」とアピールをしました。

ナギサも、まんざらでもない様子で喜んでくれて、「タクヤさんと、一緒に色々な場所にデートに行きたいです!(^^)」と言ってくれたので、僕自身も嬉しかったですね。

ナギサとの顔合わせ終了

ユニバース倶楽部 口コミ

僕自身、オファー前からビビッときていたナギサでしたが、実際に会って話してみて、想像していたとおり、素敵な良い子だったので、「この子とは必ず交際に発展させたい」「長く良い交際をしたい」と思っていました。

なので、割り切り女性のように誘ったりはせず、じっくりと時間を掛けて交際に発展させようと心に決めたのでした。

ナギサは交際タイプBなので、とりあえず、初回デートでの大人交際はNGです。

そこをしっかりと頭に入れておいたので、初回デートの顔合わせは、穏やかで楽しい雰囲気のまま、終了することができました。

大人交際に発展しないのであれば、初回デートでは、お互いに「少し名残惜しい」くらいの感覚で、お別れをするのがおすすめです。

その方が、「また会いたい!」と思いますし、次につながりますからね。

そんな感じで、ナギサとの初回デート・顔合わせは2時間ほどで終了。

カフェラウンジでお茶とケーキを食べただけでしたが、お互いの考え方や背景、求めているものはしっかりと確認できたので良かったです。

連絡先としてLINEも交換できたし、次につながる顔合わせデートになりました。

ナギサさんとの2回目のデート

ユニバース倶楽部 口コミ

ナギサとの2回目のデートは、かなり早く実現しました。

初回デートが終わり、駅の改札でお見送りをして、帰りの電車の中のLINEで、2回目のデートの約束をとりました。

2回目のデートは、10日後の金曜日、場所は品川アクアパーク(水族館)です。

ナギサと2回目のデート

ユニバース倶楽部 口コミ

ナギサとの2回目のデートは、品川駅にある品川アクアパークの水族館デートです。

今回も、大人交際には誘わず、まったりデートだけを楽しむプランです。

はじめから「今日は、大人交際をしないデート」と決めておくと、その日のデートは気が楽になりますね。

大人交際に誘うこと前提でデートプランを立てると、デート中も気が散ってしまって、十分に楽しめないので。

まあ、このあたりは僕のキャパの問題の気もしますが、「あえて、今日は大人交際には誘わないデート」と自分で決めることで、デートがスムーズに進み、楽しく過ごせるケースもあるので、時と場合によってはおすすめですよ。

なお、僕が2回目のデートでも大人交際を意識しないデートプランを立てるのは、本気で口説き落としたいと思った女性だけで、滅多にいません。

そして、このやり方で口説いた女性とは、百発百中で交際ができているので自信がありました。

まずは、お昼過ぎに品川駅中央改札前で待ち合わせをします。

僕は10分前には到着、ナギサにLINEをします。

タクヤ「ちょっと早いけど到着しました~」

ナギサ「わ、早いですね~、わたしはあと5分くらい掛かりそうです(><)」

タクヤ「全然大丈夫ですよ!焦らずゆっくり来てくださいね(^^)」

ナギサ「やさしい…(T^T)」 ナギサ「ありがとうございます(^^)焦らずゆっくり急いで行きますね!」

タクヤ「はーい(笑)」 こんな感じで、ほのぼのとしたやり取りをしつつ、ナギサと合流します。

ナギサ「すみません、お待たせしちゃいました…!」

タクヤ「全然、大丈夫だよ~、そしたら行こうか(^^)」

ナギサ「はいっ♪」

タクヤ「ナギサちゃん、お昼はもう食べた?」

ナギサ「あ、朝にスムージー飲んだくらいです…」

タクヤ「お、ヘルシーだね!そしたらお腹空いたんじゃない?」

ナギサ「はい、ペコペコのペコくらい空きました(*∩▽∩*)」

タクヤ「(笑)、そしたら、お昼食べてから水族館行こうか!」

ナギサ「わーい、行きましょ~~♪♪」 という感じで、まずはお昼ご飯です。

まずはランチ

ユニバース倶楽部 口コミ

あらかじめ、探しておいたランチ店の候補をいくつかナギサに見せて、選んでもらいます。 結果、品川駅近くにあるつばめグリルに決定。

ハンバーグランチを食べて、水族館デートに向けてエネルギーを補給します。 席に着いて、お互いにメニューを選んで注文をしたら、本日の交通費をナギサに手渡します。

ナギサ「あ、ありがとうございます~」 ランチを食べながら、ナギサからは、学生時代のころの話や、友達の話、ユニバース倶楽部で出会った男性との話を聞きました。

「交際タイプBにしたのに、初回デートでしつこく大人交際に誘われて、断ったら文句言われてすごくイヤだった…」など、デートをした男性の愚痴も聞かされるなど、前よりも、ツッコんだ話をしてくれました。

僕からも、今までにユニバース倶楽部で交際に発展した女性の話、半年以上長期交際した女性との交際内容やサポートの話などをすると、ナギサは興味津々で耳を傾けてくれました。

やはり、僕が今まで、ユニバース倶楽部でどういう女性と出会って、交際をして、サポートをしてきたのか、という部分は、かなり興味があるようです。

あとは、他愛もない好きな芸能人やテレビ番組、好きな漫画やアニメの話など、漫画家・デザイナー志望らしく、サブカルの話題を2人で楽しみました。

ランチを食べ終えたら、いよいよ、メインの品川アクアパークで水族館デートです。 品川アクアパークへは、品川駅の高輪口から歩いて5分ほど。 ランチを食べた燕グリルからも近い距離だったので、すぐに到着しました。 道中、さりげなく、ナギサの手を握ると、ナギサも手を握り返してくれて、自然とカップルのような感じでデートをスタートできました。

ナギサと水族館デート

ユニバース倶楽部 口コミ

いよいよ、ナギサと水族館デートです。 土曜日だったので、人が多く、特に家族連れが多く、水族館内は人でごった返していました。 子供は足元を走り回るので危ないですね。。 ナギサとはぐれないよう、自然と手を握り続けます。 道中、「わたし、手汗すごいから恥ずかしいです…(*><*)」と照れているのが可愛らしかったです。

ナギサは、魚の名前や種類には興味をあまり示さず、綺麗な魚の写真撮影ばかりしていました。

人が多かったので、以前、品川アクアパークに来た時の1.5倍くらいの時間がかかりましたが、何とか出口までたどり着きました。。

やはり、こういう場所には極力、平日に来るべきですね。。

ひとまず、水族館デート中は、トラブルもなく、終始穏やかな雰囲気で過ごせたので良かったです。

串カツ屋さんで舌鼓

ユニバース倶楽部 口コミ

水族館を出て、この後の予定をナギサに確認します。

ナギサ「わたし、この後、夜からバイトがあるんです~」

タクヤ「あ、そうなんだ、そうしたら、もう解散にしようか?」

ナギサ「夜遅くからだから、まだ大丈夫ですよ~」

タクヤ「そしたら、夜ご飯でも食べに行く?まだ少し早いけど。」

ナギサ「そうですねぇ」

水族館前に、ハンバーグランチを食べたばかりなので、さほどお腹が空いていませんでしたが、ナギサはもうお腹が多少は空いてきたようで、駅までの道中にある串カツ屋さんに入りました。

ナギサ「わたし、串カツとかほとんど食べないから楽しみです♪♪」

タクヤ「そうなんだ!美味しいよ(^^)」

串カツ屋でナギサは、「ちょっとお腹空いた」どころじゃないくらいの本数の串カツを平らげて、「ぽっちゃり体型の底力」をいかんなく発揮してくれていました。

まだ、顔と性格の可愛さが勝っているけれど、これでどんどんデブになっていったら、愛せるかどうか微妙だな…なんてこともうっすらと頭をよぎったりしていました。

 

2回目のデートは無事に終了

ユニバース倶楽部 口コミ

結局、「小腹が空いた」レベルじゃない、ガッツリの晩御飯の量を平らげて、ナギサは満足げにしていました。

食事中に、「タクヤさんに、パソコンを買って欲しいです」と甘えられ、若干イラッとすることもあり、「あれ?この娘、ちょっと微妙なところもあるなぁ」と思ってしまいました。

冗談のように「買ってほしいです~」と言われるか、ずっと交際が続いている仲で言われるならまだしも、まだ2回しか会っていない相手に、よくパソコンなんてねだれるな、、と思ってしまいました。。

「パソコン詳しいなら、おすすめのやつ選んでください」なら分かりますけどね。

「買ってください~」は、お前がパパ活の対価として受けるものだから、その対価をお前は差し出せよ…と少し感じてしまいました。

言い方が、「大人交際のお手当として」ではなく、「今回のような大人交際なしのお手当の代わりにパソコンを…」という感じだったので、お前、それは違うだろうと。。

水族館デートまでは、ほぼ完ぺきの印象を持っていたナギサでしたが、「ぽっちゃり」「汗っかき」「よく食べる」「物をねだる」と、まあ見る人が見れば、何も気にするようなことはない要素なのですが、僕の中では、いろいろと察してしまったのです。

「うーん、このまま交際を続けて大丈夫かな…?」と感じてしまいました。

という感じで、少しだけモヤモヤは抱えつつも、無事に2回目のデートを終えて、お互いに駅の改札前でお別れをし、帰路に着きます。

 

ナギサさんとの3回目のデート

ユニバース倶楽部 口コミ

2回目のデートが終わって、そのあとで、すぐに3回目のデートの日程調整をしました。

フィーリングが合う子、長期交際しやすい子は、こういう風に『次のデートの日程がすんなり決まる』ケースが多いです。

ナギサは、この点がかなりスムーズだったので、僕の中では評価は高かったです。

 

3回目のデートは自宅近くの和食居酒屋

ユニバース倶楽部 口コミ

2回目のデートから10日ほど経ってから、3回目のデートが実現しました。

今度は、僕の自宅近くの和食居酒屋で夜ご飯デートです。

いきなり夜ご飯からデートスタートということで、正直、この日で大人交際を狙うつもりでした。

1~2回目のデートの雰囲気を見ると、悪くはないし(むしろ良い寄り!)、向こうからも、僕に対してサポートをしてほしい、交際してほしい感じを受けたので、自信はありました。

ご飯中は、1~2回目と変わらず、他愛もない会話に終始します。

1~2回目と違うのは、交際したときの具体的なお手当・サポートの内容について聞かれたことでした。

ナギサ「タクヤさんは、どれくらいのサポートをしてくださる感じですか?」

タクヤ「僕は、女性の希望に合わせるようにしてるけど、特に希望がなければ相場くらいを渡してるかな。」

ナギサ「そうなんですね~、わたし、相場とかよく分からなくて…^^;」

タクヤ「ユニバース倶楽部では、5~6くらいって言われてるよ。安い人だと4とかでもいるけど。7とか8の人もいるけど相場からはちょっと外れる金額かな。10以上はあんまり聞いたことないなぁ。

ナギサ「へ~、なるほど、そんな感じなんですねぇ」

タクヤ「ナギサちゃんが納得できる金額に合わせるよ、あんまり高すぎると、俺も安定して会うの難しくなっちゃうけど(笑)」

ナギサ「そしたら、5でお願いしてもいいですかぁ?」

タクヤ「オッケー」

そんな感じで、すんなり、ナギサとの交際のサポート5万円が決まりました。

まだ、体の相性は分からないけど、これだけの巨乳美人と5万円で…!と考えると、コスパはかなり良いな…!!と正直思いました。

個人的には、6とか7くらいなら、ナギサクラスの女性には渡すつもりではありましたが、お手当が高くなるほど、気軽に会いたいともなかなか思いづらくなるし、5万円というのはちょうどいいかもしれません。

今までの経験上、6までならともかく、7を超えると、よほど「顔が可愛い・美人・タイプ」で「フィーリングがバッチリ合う」「体の相性もすごく良い」などでないと、安定して会いたいとは思いませんからね。

僕にとっての良い条件が揃ってないのに7を希望されると、四半期に1回くらい会おうかな?と思う程度か、1回セックスしてフェードアウトのパターンが多いです。

という感じで、ナギサと大人5で仮契約を結んだところで、デザートも食べ終わって、お店を後にします。

お部屋デートに移行

ユニバース倶楽部 口コミ

店を出たところで、ナギサに問いかけます。

タクヤ「このあとまだ時間大丈夫?」

ナギサ「はいっ、大丈夫ですよ~」

タクヤ「うちこの近くなんだけど、よかったらちょっと寄っていかない?」

ナギサ「あっ、おうちですか??う~ん」

おっと、意外や意外、あまり気乗りしない態度です。。

タクヤ「無理なら、全然いいんだけど…」

ナギサ「そしたら、ちょっとだけなら。。」

タクヤ「オッケー」

なんとか、自宅デートに誘ってOKをもらうことは成功したものの、気乗りしない態度に少しイヤな予感がします。

今回までのデートの好感触+大人交際のお手当の金額も決定、と、もはやあとは大人交際に発展するしかない状況まできていたので、そこからまさかの気乗りしない態度は、逆に驚きました。。

「すみません、今日、生理中で…」と、体調の問題で断られるならともかく、『何となく気乗りしない』というのは、男からしたら怖いですね。。

何とか、ナギサを自宅まで招き入れます。

ナギサ「おじゃましま~す」

タクヤ「どうぞ~」

ナギサ「わぁ、きれいなお部屋ですね♪」

タクヤ「ほんと?ありがとう(^^)」

ナギサ「すごい、物が全然散らかってない…!」

などと会話をしながら、お部屋デートの準備を着々と進めていきます。

とりあえず、セックスするお部屋の掃除・片付けなどは、出掛ける前に完了しているのでOK。

その他の部屋も特に問題なし。

あとは、タイミングを見計らってスタートするだけです!

まずは、お互いにドリンクを飲みながら、会話にまた花を咲かせます。

ソファで2人、横並びに座って、スマホで最近行った旅行先の写真を見せたりしつつ、お互いの距離を縮めていきます。

肩と肩がくっつくくらい密着したところで、「おっ、これはこのままいけるかな?」と思っていると、ナギサから一言。

ナギサ「夜景もすごく綺麗ですね~」

タクヤ「えっ?夜景?あぁ綺麗だよね~」

密着に気づいたのか、ナギサに避けられた気がしました。

ナギサ「本当にきれい」

ソファから立ち上がってしまい、窓際に移動してしまいました。

でも、まだあきらめません!むしろ、これはチャンスです!!

タクヤ「電気消すと、もっと綺麗だよ」

と言って、部屋の電気を全部消灯します。

すると、夜景がより鮮明に見えるようになります。

ナギサ「わぁ、とっても綺麗♪」

ここで、僕は勝負に出ます…!

いざ大人交際!と思ったら…

ユニバース倶楽部 口コミ

電気を消して、真っ暗な部屋になった中、窓際で夜景を見ているナギサに近づいて、後ろから優しくハグをします。

ナギサは嫌がるそぶりを見せません。

そのまま軽くキスをして、胸を触り、そのまま下に手を動かしたときに、ナギサから思わぬ一言が…

ナギサ「ごめんなさい、まだちょっとそういうのは…」

タクヤ「どうして?イヤなの?大丈夫だよ」

この期に及んで、まさかの拒否反応をするナギサに面喰いましたが、ここまできて止められないので、何とか口八丁で進めようとします。

タクヤ「ナギサのこと好きだから、きちんとサポートもしたいし、交際できたら嬉しいな」

ナギサ「・・・」

『あなたのことを想っているからこそ(サポートしてあげたいから)』という、個人的なキメ台詞を吐けば、大体、とどめの一言になり、そのまま大人交際に持ち込めるのですが、ナギサにはどうにも効き目が薄いようです。

ナギサ「今日は、そういうつもりじゃなかったし…」

ナギサ「体調もあんまり良くないし…」

ナギサ「次からじゃダメですか?」

ナギサ「すみません、、ほんとにごめんなさい」

突然、ナギサのイヤイヤ期が始まります。

こちらとしても、ここまできて後退はできないので、何とか口八丁手八丁で攻め手を変えてみますが、ナギサの決心は固いようです。

生理中でも、他の辛い体調不良でもないなら、そのままやや強引に押し倒してもよかったかもしれません。

それで、そのまますんなり大人交際に持ち込めて、その後のお付き合いにも発展できるケースもあるので。

ただ、それをすると、真面目そうなナギサに嫌われる可能性もあったので、今回無理はしませんでした。

タクヤ「分かった、ごめんね」

ナギサ「ううん、こちらこそごめんなさい」

『もう、セックスするしかない…!』くらいのところまでいったのに、ストップになったことで、変な空気が流れましたが仕方がありません。

ひとまず、部屋の明かりを点けて、ドリンクを入れ直し、テレビを付けて空気を変えます。

その後、しばらくナギサと会話をしてから、ナギサが帰ることになりました。

ナギサ「今日は本当にごめんなさい、次会えたときにできればと思います。」

タクヤ「気にしないで、あんまり変なプレッシャー感じてほしくないし」

タクヤ「ナギサちゃんの気持ちの整理ができてからで大丈夫だよ(^^)」

ナギサ「タクヤさん、やさしい~~(T^T)」

こんな感じで、とりあえず3回目のデートは終わりました。

個人的には、3回目のデートで確実に大人交際に発展させるつもりでしたし、その自信もあったし、イケる流れが出来ていたので、こういう結果になって残念でしたが、まあ、事を急いては仕損じる、と言いますし焦らず攻略することにします。

まさかの事態に。。

ユニバース倶楽部 口コミ

そんな、ナギサとの3回目のデートが終わり、さっそく4回目のデートの約束をしたいところでしたが、なかなかうまくいきません。

3回目のデートが終わり、帰る前にナギサに聞いてみます。

タクヤ「次、いつ会えるかな?」

ナギサ「う~ん、バイトもあるから、まだ分からなくて、帰ってからLINEするね!

タクヤ「オッケー」

ナギサが帰った後、「今日はありがとうLINE」が届いたのですが、1~2回目のデート終わりと比べて、内容がそっけなかったのが気になりました。。

1~2回目のLINEでは、「次、また会えるのを楽しみにしています」的な内容があったのですが、3回目のLINEではそういったことが書かれておらず、内容もとてもシンプルでした。

「とりあえず、気にしないでおこう…」と思い、その返信ではスケジュール確認はせず、そのままやり取りは終了します。

その数日後、ナギサからスケジュールの連絡がいつになっても届かないので、「空いてる日ありそう?俺は、〇日と〇日が空いてるよ~」というLINEをしました。

しかし、数時間経っても、翌日になっても既読は付きません。。

3日経っても、1週間経っても既読は付かず、、、未読スルーのままです。

「あ、これはブロックされたかな。。。」と思い、確かめてみると、案の定ブロックされていました。。。泣

ブロックされてご縁は終了

ユニバース倶楽部 口コミ

というわけで、ナギサにはLINEをブロックされて、ご縁を終了される、という結末になりました。

1~2回目のデートはほぼパーフェクト、3回目のデートでも具体的なサポート内容の話をして、お互いに納得するなど、かなり良い調子で関係を築いていたはずでしたが、結果的にはダメでした。

「サポート内容が不満だったのか」「大人交際にビビったのか」今となっては、理由は分かりませんが、何も言わずにLINEをブロックする、という行動に出たナギサに対して、正直、かなりの失望感があります。

イケそうなところまでいったけどエッチできなかったショックもありますが、これだけ良い関係を築いておきながら、それをいとも簡単に切るナギサの行動が残念でしたね。

まあ、若い女性は、みなこんなものかもしれませんが。

ナギサが、真面目で清楚系な雰囲気で、「こういう不躾なことをしなさそう」というイメージがあったので、余計そう感じたのだと思います。

その後、ユニバース倶楽部の会員ページを見てみると、ナギサのプロフィールページは削除されていました。

恐らく、ユニバース倶楽部を退会したのだと思います。

僕との3回目のデートでの印象を見る感じだと、「実は彼氏がいて、その彼氏にバレた」線は薄いと思うので、やはり「大人交際に対して覚悟が持ちきれなかった」「サポートが最後まで不満だった」のが妥当な線でしょう。

大人交際については、女性はユニバース倶楽部の面接できちんと説明されるはずなので、「大人交際なんてすると思っていなかった」という言い訳は通用しません。

ナギサの場合、単に、大人交際の直前になってビビっただけでしょう。

良い子だと思っていたし、感触も良いと思っていただけに、こういう結果になったとき、ナギサに対しての負の感情がかなり湧き上がってきますが、まあ、もう終わった事なので仕方がありません。

ユニバース倶楽部に払ったセッティング料金+3回のデートでナギサに渡した交通費+デート代は、自分の勉強代だと思うことにします。

ナギサさんの口コミ体験談まとめ

ユニバース倶楽部 口コミ

というわけで、ナギサさんとのデート口コミ体験談は終わりです。

今回の反省点としては、「サポート内容の説明のとき、大人交際についてもっときちんと説明をしておくべき」だったかな、と思います。

ウブ(なフリ)なナギサにとっては、「サポート=大人交際ではなく、ふつうのデートのお手当」と勘違いをしていた節もあるので…

男性からしたら、「そんなバカな…お前、舐めてんの??」という勘違いですが、もしかすると、この可能性もあるので。。

今考えると、「えっ、5万円もいいんですか??」「わたし、3~4万円でも十分ですよ?」みたいなリアクションだったので、勘違いしていた可能性は十分にあります。

その勘違いだとすると、いざ大人交際に発展しようとしたとき、僕が口八丁で色々と言った中で、「あっ、5万円って大人交際も込みのお手当だったのかな、だとしたら少ないな~」と思った可能性は十分にあります。

なので、僕が、食事中の交渉・説明で、もっと分かりやすくきちんと「大人交際デート1回あたりのお手当です」と言っていれば、その場で、もっとナギサが満足できる条件にできていたかもしれません。

うろ覚えですが、「大人交際」というフレーズは使わず、「交際」という言葉にとどめていたと思うので。

説明を曖昧にしてしまって、相手に「まあ、察してくれるだろう」と思ってしまうのは、日本人の悪いところですね(笑)

まあ、ユニバース倶楽部で面接時に、「男性とは大人交際ありきのお付き合いになります」「そのサポートとしてお手当が発生します」という説明はしっかりと受けるはずなので、そんな言い訳は通用しないのですが。

そこばかり言って、自分が反省しないと仕方がないので、次にまた同じ失敗を繰り返さないためには、女性との交渉・サポートはきちんとしなければならないな!と反省しました。

あとは、女性によっては、「いざ」という場面で、強引に押し倒したり攻めることも大切ですが、そういうことをされて本気で引く、嫌がる女性もいるので、引き際も大事だな、と思いました。

攻めるべきか、スッと引くべきか、判断するのは、かなり難しいですけどね。。

今後の課題として、取り組んでいこうと思います。

ナギサは、ユニバース倶楽部でなかなかお目にかかれない上物だったので、逃したのは残念ですが、いい勉強になりました。

以上で、僕の「20代前半昭和アイドル系ナギサさん」とのユニバース倶楽部口コミ体験レポートは終わりになります。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

タクヤ

バツイチ独身のアラフォー男性です。IT系の小さい会社を経営しています。ユニバース倶楽部のパパ活歴は3年以上。オファーをした女性会員は100人以上。クラブの利用を通じて経験したこと、感じたことを思いのままにご紹介しています。
ユニバース倶楽部 登録 入会