ユニバース倶楽部は交通費不要?女性に交通費を渡さなくてもいい?

タクヤです。

こちらでは、ユニバース倶楽部の「交通費不要」をテーマにお話ししています。

ユニバース倶楽部をはじめ、多くの交際クラブでは、デートをするときに男性が女性に交通費を渡すルールになっています。

でも、男性にとって交通費とはいえ5千円~1万円を渡すのは安くはないですよね。

もし交通費を渡さなくてもいい「交通費不要」でもユニバース倶楽部でデートができるなら、男性にとっては助かるでしょう。

果たして、そんなことが可能なのか?実際のところを徹底解説したいと思います。

ユニバース倶楽部で交通費不要はできる

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

結論から言うと、ユニバース倶楽部で交通費不要でデートをすることは可能です。

しかも、『ユニバース倶楽部のルール』として、『交通費不要でもOK』と明言されています。

では、具体的にお話ししていきますね。

ユニバース倶楽部の交通費ルール

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

まず、「交通費不要」についてお話しする前に、ユニバース倶楽部の交通費についてのルールを簡単にお話ししようと思います。

ユニバース倶楽部では、クラブルールとして明確に『女性に交通費を渡すこと』が決められています。

また、交通費の金額も「最低でも5千円、平均すると1万円」という風に具体的な値段も決まっています。

さらに、渡すの「別れ際」ではなく、「出会ったときorデートが始まる前」と【手渡すタイミング】まで細かく決まっているんですね。

ルールとして決まっている以上、「交通費を渡さない」「規定よりも下回る費用はNG」というのは、明確なルール違反になります。

なお、このルールが適用されるのは、「初回デートのみ」です。

2回目以降のデートからは、クラブが介入しない個人間のお付き合いになるので、お互いの話し合い・男性の器量で決まります。

このように、ユニバース倶楽部のルールとして、交通費を渡すことはもちろん、渡すタイミングまで細かく決められているので、「交通費を渡さない」「交通費不要」というのはデマではないのか?と思うかもしれませんね。

ですが、ユニバース倶楽部には、もう一つのルールがあり、そちらを利用することで、「交通費不要」でも女性とデートを楽しむことができるんです。

その、もう一つのルールというのが「交際タイプ」になります。

交際タイプEの存在

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ユニバース倶楽部には、交際タイプAからEまで5つの交際タイプが存在します。

ユニバース倶楽部の交際タイプについては、こちらでより詳しくご紹介していますので、よかったら見てみてくださいね。
ユニバース倶楽部の交際タイプとは?パパ活歴3年の会員が徹底解説!

女性会員は、この5つの中から、自分の好きな交際タイプに設定することができるんですね。

交際タイプは、基本的に「自分がユニバース倶楽部で、どういう交際を希望しているか?」という指標になるものです。

そのため、主に「体の関係への覚悟の温度感」が交際タイプ別で異なっている、というイメージとなっています。

交際タイプで「お手当やお小遣い、交通費について言及」は一切されていないんですね。

しかし、唯一【交際タイプE】に関してのみ、交際内容ではなく『交際内容』に言及した交際タイプになっているんです。

具体的に紹介すると、交際タイプEの内容は次のようになっています。

【出会いのチャンスを優先したいので、お食事デートでの交通費はいらない。】

このように、大人交際への温度感ではなく、交際タイプの中で、唯一『交通費』について言及した内容になっているんですね。

ユニバース倶楽部のルールでは、基本的に交通費ありきでデートが行われるため、女性は安心して初対面の男性とでもデートに向かえます。

しかし、中には、「登録してからまったくオファーがこない」という女性も少なくありません。

7,000人以上もの女性会員が登録しているユニバース倶楽部ですから、たとえ美人や可愛い女性でも、会員ページに埋もれるように、少しずつ男性会員からも目立たなくなってしまい、結果、「オファーがもらえない」という点につながっているんですね。

そういった「オファーが全然なくて、パパ活ができない…泣」という女性に対して、「交通費はもらえなくてもいいから、オファーをたくさんしてもらえるように」と救いの手を差し伸べる意味合いで存在するのが、この「交際タイプE」になります。

「オファーをもらえてデートを実現できたら、交通費はもらえる、でも、肝心のオファーがないからデートもしようがない」
「このままだと、全然オファーをもらえないまま退会してしまいそう」
「それなら、交通費はなくてもいいから、少しでもたくさんオファーがあればいいな」

ユニバース倶楽部の交際タイプEは、こういった女性の声を反映された交際タイプとなっているんですね。

交際タイプEはユニバース倶楽部で交通費不要な唯一の方法

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

今、お話しした通り、交際タイプEの女性のオファーをすれば、デート時の交通費を不要にすることが可能となります。

これが、ユニバース倶楽部において、ルール違反を除いて、唯一、交通費不要にできる正しい方法となっています。

交際タイプEの女性は、自分でも「出会いを優先するために、交通費不要でもOK」と言っていますので、デート前に交通費を渡さなくても構わない、ということですね。

なお、あくまで「交通費を渡すことがマストではなくなる」だけであって、渡してももちろん大丈夫です。

「交通費不要」と言っているのに、わざわざ交通費を渡してくれたら女性からの印象はかなり良いでしょう。

ただ、それはそれとして、今回のテーマはあくまで「ユニバース倶楽部で交通費不要は可能か?」ですので、置いておきますね。

①交際タイプEの女性は少ない

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ここまで、「交際タイプEの女性にオファーをすることが、ユニバース倶楽部で唯一、交通費不要にできる方法」としてお伝えしてきましたが、実際のところ、あまりおすすめできる方法ではありません。

というのも、ユニバース倶楽部に「交際タイプEの女性自体が非常に少ない」ためです。

今、会員ページでチェックをしてみたところ、全体の女性会員数7,252名に対して、交際タイプEの女性はわずか19名しかいません。(2019年7月時点)

全体の割合でいうと、わずか0.3%ほどしかいないことになります。

つまり、「交際タイプEの女性とデートをすれば交通費不要にはできる」けれども、「肝心の交際タイプE女性は、ユニバース倶楽部にほとんどいない…」ということですね。

もちろん、数少ない交際タイプEの女性の中に、好みのタイプの素敵な女性がいれば、堂々とオファーをすればいいのですが、「好みの女性はいないけど、交通費不要デートのためオファーする!」というのもおかしな話ですし、結果、おすすめできない、という結論になります。

というわけで、まとめると、「ユニバース倶楽部で交通費不要で女性とデートすることは可能」その方法としては、「交際タイプEの女性にオファーをすること」です。

しかし、「交際タイプEの女性はユニバース倶楽部全体でわずか19名・約0.3%しかない」ため、自分好みの素敵な女性がいれば別として、あまりおすすめの方法とは言えない、となります。

ルールを破って交際費不要にする

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

もう一つ、ユニバース倶楽部のデートで交通費不要にする方法があります。

それは、「ただ単に、女性に交通費を渡さない」ということですね。

もちろん、これはルール違反となります。

ユニバース倶楽部のルールでは、きちんと「初回デートでは、女性に会うタイミングで交通費を手渡す」ということが明記されています。

その上で、女性とデートをしたのに交通費を渡さないことは立派なルール違反です。

しかし、交通費をもらえなかったからといって、男性に向かって堂々と「私、まだ交通費もらっていないんですけど?」と言える女性は少ないでしょう。

年上で、1対1で会う男性に対して、そこまで強気で対応できる女性は珍しいです。

男性とすれば、ここを利用するわけですね。

女性と出会って、挨拶をして、ふつうにデートを楽しんで、最後まで自然にやり取りをして、最終的に駅の改札なのか、自家用車の傍なのかは男性によって違いますが、交通費を渡さないまましれっと解散してしまえば、大半の女性がそのまま泣き寝入りしてしまうでしょう。

「えっ?交通費もらってないんですけど!」と強気で言ってくる女性は滅多にいないと考えています。

このやり方をすれば、結果、「交通費不要で、ユニバース倶楽部のデートを楽しめる」ことにはなります。

①デメリットが非常に多い

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ただ、当たり前ですが、交通費を渡していないルール違反を犯しているわけなので、当然、その女性とのご縁は続かないでしょう。

「交通費くれなかったけど、きっと次はくれるはず♪だから2回目のデートも楽しみ♪」

と思う女性はいない、ということですね。

また、女性とのご縁が続かないばかりか、女性からユニバース倶楽部にクレームを入れられる可能性も高いです。

そうなると、クラブから警告があるでしょうし、あまりに酷いと強制退会させられる可能性もあります。

このように、ルール違反をして、強引に交通費不要にできなくもないけれど、リスクが圧倒的に多いし、メリットが全然無いんですね。

そのため、ユニバース倶楽部でルール違反をして交通費不要にする方法は、まったくおすすめはできません。

ちなみに、この「しれっと、交通費を最後まで渡さずに解散」するケースは、以前はユニバース倶楽部のデートで頻繁に起こっていたようです。

ひと昔前は、「初回デートでは、女性に交通費を渡してください」というルールしかありませんでした。

渡すタイミングについては、ルール化がされていなかったんですね。

そこを、悪用してか、たまたまか、ルールの盲点をついて、「交通費を渡さない、もらえない」というケースが起こっていたんです。

男性からしたら、うっかり忘れていただけかもしれませんし、態度が悪い女性に一矢報いるためわざと渡さなかったのかもしれません。

腹の底は何であれ、事実として交通費をもらえない女性が多くいたことを問題視したクラブ側が、ルールを改訂する形で、今の「出会ったときに、必ず交通費を渡す」となりました。

つまり、ひと昔前までは、まだ「しれっと交通費不要作戦」が通用しやすいルールだったのですが、昨今のルール変更によって、その作戦がより一層通じにくくなった、ということですね。

あくまで、方法の一つとして「わざとルールを破って交通費不要にしてしまう」というものをご紹介しましたが、楽しく、長くユニバース倶楽部を利用するためには、絶対におすすめできない方法ですので、頭に入れておきましょう。

2回目以降のデートは交通費は自由

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

「デート開始時の交通費手渡し」がルール化されているユニバース倶楽部ですが、これはあくまで【初回デート】に限ります。

2回目以降のデートでは、個人間の交際になるのでユニバース倶楽部のルールは適用されません。

そのため、乱暴な言い方をすれば、「2回目以降のデートなら、交通費を渡そうが渡さなかろうが自由」となります。

女性も、そのことが頭のどこかにあるからか、自分から「交通費もらってないんですけど」と言う方は少ないですね。

まあ、それをいいことに、そのまま交通費を渡さないでおくと、女性からの評価は下がるしかないので、その女性と良い交際を望むのであれば、止めた方がいいですが…

ルールとして、交通費を渡す義務がない以上、渡さなくても、文句を言われる筋合いはない、ということですね。

例えば、デートで女性の態度が非常に悪かったり、そのデートを境にもう二度と会わなくてもいい!と思うような場合は、交通費不要でもいいでしょう。

しかし、少なからず、次もまた会いたいと思う相手なのであれば、2回目以降のデートだとしても、きちんと交通費を渡してあげましょう。

そういった、細かい部分の気遣い・心遣いが、ユニバース倶楽部でモテる秘訣になっていきますよ。

管理人タクヤの体験談

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ここからは、管理人がユニバース倶楽部で出会った女性と、交通費不要デートをした口コミ体験談を、いくつかレポートしたいと思います。

「交通費は不要です」と女性から言われた

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

先に言っておくと、女性から「私、交通費は不要です」と【初回デート】で言われたことは、一度もありません。

今まで、ユニバース倶楽部で100人以上の女性とデートをしてきましたが、みな、初回デートの交通費は受け取っています。

なので、ここでいう「私、交通費は不要です」は、【2回目以降のデート】だとご理解ください。

2回目からのデートは、ユニバース倶楽部が介入しない個人間の交際になるので、交通費を渡す義務は発生しません。

女性の本音としては、「いや、くださいよ…」というのは理解しているし、実際、僕自身2回目以降も渡すようにしています。

とはいえ、2回目のデートからはルールの範ちゅう外になるので、あくまで義務じゃなく「好意で」となるわけですね。

ただ、女性によっては、初回デートと同様に交通費を渡そうとすると、「私、交通費はいりません」と言ってくる女性も、ごくまれにいます。

体感としては、10人とデートをして1人いるかいないか、くらいの頻度で、そういう女性と出会います。

「交通費いりません」という理由としては、「タクヤさんと、もっと仲良くなりたいから」「私、別に何もしてないし、ご飯も奢ってもらってるのに毎回お金もらうの悪いから」といったものが多いですね。

経験則ですが、前者の理由は小悪魔的な女性が言うことが多く、後者の理由は真面目な女性が言うことが多いです。

いずれにしても、男にとって「交通費いりませんよ」と言われるのは嬉しいものです。

「やったー!1万円トクした♪ラッキー☆」という気持ちもまあゼロではありませんが、それ以上に、その心遣いや謙虚な気持ちが嬉しく感じるんですね。

なので、そう言ってくれた女性は、より大切にしよう!と思うようにしています。

うっかり忘れて、ご縁も切られた…

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

僕のユニバース倶楽部生活の中で、たった一度だけ、初回デートで女性に交通費を渡さずに解散してしまったことがあります。

そのときは、まだ交通費ルールに「デート前に渡す」が明記されていなかったので、いつもデート終わりに渡していました。

その日は、珍しくかなりお酒を飲んでいて、女性との雰囲気も良い感じ。

その女性の交際タイプがDだったこともあり、自分としては100%ホテルに行く気分でした。

ただ、いざホテル前まで行ったタイミングで、女性から「すみません、明日早いので、今日はちょっと…」とまさかのスルー…

僕も、イケる気満々だったのでショックで気が動転したのと、お酒の影響もあり、そのまま「あっ、そうなんですね、そしたら今日は解散にしましょうか…!」と、交通費を渡さないまま、バタバタと解散してしまったんです。

女性も、ホテル前まで来ておいて拒否したことに対して、いたたまれなくなったのか、颯爽と帰ってしまいました。

帰りの電車で、「あっ、交通費渡してない…!」と気づき、即効でLINEで謝り、「次に会ったときに、必ず渡します!!」と伝えたのですが、結局、既読スルーされてしまい、その後も会うことはありませんでした。。

まあ、完全に僕が悪いのですが、ルール改訂前は、こういう「うっかり」による交通費の渡しそびれがあり、嫌な気持ちになった女性も多かったことを考えると、今の「デート前の手渡し」ルールが決まって良かったですね。

しれっと渡さない作戦(2回目以降)

続いて、悪意がある、、と言っては語弊がありますが、「意識して交通費を渡さないパターン」ですね。

僕は、これをあまりやらないのですが、数少ないケースで何名か、交通費を渡さずにデート解散したことがあるので、参考までにお伝えします。

ちなみに、「初回デート」でこれをやるのはルール違反なので、2回目のデートからになります。

しれっと渡さない作戦を実行した女性は、過去5名いましたが、やはり、みな自分から「あっ、タクヤさん、交通費まだもらってないですよ!」と言ってくる女性はいませんでしたね。

デートが終わってから、LINEで「タクヤさん、、交通費ほしかったです…泣」と言ってきた女性が2名、残りの3名は何も言ってきませんでした。

それでも、その5名とは次のデートも実現できたので、2回目以降のデートに関しては、女性も「交通費もらえなくても仕方ないかな…」という気持ちが、心のどこかにある可能性はあるでしょう。

「交通費もらって当然だし!交通費不要デートなんて、あり得ない!!」と思っていたら、渡さない男性とのご縁なんて切るでしょうからね。

一度、交通費不要デートを実現できた女性とは、その後も交通費なしでデートはできましたし、大人交際に発展した女性もいます。(もちろん、大人交際をしたときはお手当を渡しています)

※さすがに、ラインで「交通費ほしかったです泣」と言ってきた女性には、次からは渡すようにしています

ここで言う、「その後のデートでも交通費なしで会えた」というのは、渡さなくても何も言ってこなかった女性、のことを指します。

女性の心理を考えると、「まあ、大人交際すればたくさんもらえるし、交通費くらいなら無くてもいいかな」という考え方か、「交通費くれなかったけど、会っていて楽しいし、他にもメリット(プレゼントなど)あるし、まあいいか」という考え方などが考えられるでしょう。

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

いずれにしても、しれっと渡さない作戦でそのまま交通費不要に強引にできることは出来ますが、少なからず女性からの印象を悪くする可能性があるので、あまりおすすめはできません。

例えば、女性のデート中の態度が悪く「コイツ、もういいや、切ろう…」と思ったような相手なら、しれっと渡さない作戦を使えばいいでしょうが、少なからず気に入っていて良い交際をしたいと思っている女性には使うべきではないでしょう。

ユニバース倶楽部の男女交際において、ケチな男と思われて、何一つメリットはありませんからね。

1万円(交通費)と女性とのご縁を天秤にかけたとき、本当に1万円の方が価値があるか?を、よーく考えたうえで、それでもなお1万円が上にくるようなら、2回目以降のデートに限り、しれっと渡さない作戦を発動するといいでしょう。

まとめ

 ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

今回、お話しした内容をまとめると次のとおりです。

  • ユニバース倶楽部のデートで交通費不要は可能
  • 交際タイプE女性とデートをすると、交通費不要でもルール上OKとなる
  • ルールを破って交通費を渡さないこともできるが、おすすめしない
  • 2回目以降のデートなら、女性から「交通費いらないです」と言われることもある
  • 渡さないまま、しれっと黙っていても、交通費を要求してくる女性はほぼいない
  • 交通費と女性とのご縁を天秤にかけ、交通費の方が価値があると断言できなければ、交通費不要にすべきではない

色々と、ユニバース倶楽部と交通費不要をテーマに話をしてきましたが、結論を言うと「交通費不要でユニバース倶楽部の女性とデートをするのはおすすめではない」ということに行きつきました。

理由は上でもお話ししたとおりです。

  • 交際タイプEなら、ルール上問題無いが、交際タイプEの女性がまず少ない
  • 初回デートでそれをやると、そもそもルール違反
  • 女性からの印象が非常に悪い
  • そのためご縁を切られる可能性が高い
  • しかも、クラブにクレームを入れられ、問題になる可能性もある
  • 最悪の場合、強制退会の可能性もゼロではない

メリットは「1万円が浮く」ということですが、それ以上にデメリットが多すぎるので、個人的にはおすすめしないですね。

もちろん、2回目以降のデートで、女性から「私は交通費いらないですよ」と言われたときに限り、交通費不要でもいいかもしれませんが、それ以外のケースで、自分の意思だけで交通費なしにしてしまうのは避けた方がいいでしょう。

「こんな女に交通費渡す価値ない!」と、縁が切れてもいい前提であればまだしも、長く良いお付き合いをしていきたいのなら、百害あって一利なしですからね。

というわけで、「ユニバース倶楽部で交通費不要デートは実現可能」ではあるけれど、「おすすめできる要素はまったくない」という締めくくりにさせていただきます。

以上で、「ユニバース倶楽部は交通費不要?女性に交通費を渡さなくてもいい?」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

タクヤ

バツイチ独身のアラフォー男性です。IT系の小さい会社を経営しています。ユニバース倶楽部のパパ活歴は3年以上。オファーをした女性会員は100人以上。クラブの利用を通じて経験したこと、感じたことを思いのままにご紹介しています。
ユニバース倶楽部 登録 入会