ユニバース倶楽部の2回目デートを解説!ドタキャン・バックレが多い?

タクヤです。

こちらでは、ユニバース倶楽部の「2回目のデート」についてご紹介しています。

ユニバース倶楽部の会員にとって、2回目のデートが上手くいくか?は気になりますよね。

もしかすると、初回デートよりも2回目の方が気掛かりな方もいるかもしれません。

そこで、今回はユニバース倶楽部の2回目のデートをテーマにして、クラブ歴5年のタクヤがご紹介したいと思います。

実際に体験した2回目デートの感想をはじめ、男性はもちろん、女性の声も含めて徹底解説しています。

ユニバース倶楽部はドタキャンが多いのかについてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部はドタキャンが多い?ドタキャン事情を徹底解説!

ユニバース倶楽部の2回目のデートの事実

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ユニバース倶楽部に入会してから5年、過去100名以上の女性にオファーをし、デートをしてきましたが、初回デートと2回目のデートでは、いろいろと違う点があります。

それを、こちらでお話ししますね。

2回目のデートは既読・未読スルーが多い

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

まず、「2回目のデートは既読・未読スルーが多い」という点が挙げられます。

これは、具体的に言うと「初回デートでLINEなど連絡先を交換したあと、2回目のデートのやり取りで既読(もしくは未読)スルーされてしまう…」ということです。

個人的には、「初回デートで雰囲気も悪くなかったし、連絡先も交換したのになぜ…!(泣)」という感じですが、実際にこういうことが起こり得るのです。

理由としては、次のようなパターンが考えられます。

A「合わない人だったなぁ。空気悪くしないために連絡先交換したけど、2回目のデートはナシかな!」
⇒最初から脈なしパターン

B「まあまあの人だったし、一応連絡先交換したけど、今考えなおしたら2回目会うほどではないかな!」
⇒デート中はまずまずの雰囲気だったけど、後からそうでもなかったと思われるパターン

C「そこそこ良い人だったからキープのため連絡先交換したけど、新しく会った人の方がフィーリングも合うし条件も良い♪」
⇒そこそこ良い評価だったけど、後から違う人と比較されて落とされるパターン

D「連絡先交換したけど、この人、今交際しているパパと比べたら、すべてにおいて評価は低いな~」
⇒既にパパがいる女性が、現パパと比較して下回った場合に切られるパターン

E「何となく面倒くさくなった…まあ、2回目会って交際を続けるほどの相手じゃないかな」
⇒相手の評価も大して高くなかったため、面倒くささが勝ってしまったパターン

F「パパとして交際したかったけど、彼氏(や家族)にバレた…!!」
⇒身内にバレたことで、これ以上の連絡ができなくなったパターン

いろいろなパターンがありますが、既読スルー・未読スルーされてしまったら、結局、どのパターンで切られてしまったのかは分かりません。

いずれにせよ、既読スルー・未読スルーされてしまったら、その後、追撃のLINEやメールなど連絡をしても、事態が好転することはほぼ無いのであきらめるしかないでしょう。

①連絡先を交換して続かないケースも

まあ、大して良いと思わなくても、相手に「連絡先教えてください!」と言われたら、社交辞令で教えるものです。

でも、その後、「また会いたいです!」と言われたら、その気がなければ相手は会いたがらないですよね。

けれど、わざわざ「あなたとは、あまり会いたいと思わないので、デートのお誘いはお断りします」なんて言う人はいないでしょう。

こんなことを言うのは、自分自身もエネルギーを使いますからね。

それを避けるために、「既読スルー・未読スルー」という方法を使って、相手に「もう、あなたとは会いたくないんです。察してください…」と暗に言っているわけです。

②ザオラルメールで再会できる可能性も

ちなみに、既読スルーでも未読スルーでも、されたからといって追撃で連絡をしてしまうと、自分で自分にとどめを刺すかのごとく、関係性を終わらせてしまいますが、放置しておいてしばらく経ってから連絡を取ってみると、関係性を修復できるケースもあります。

この場合の連絡を、ドラクエの呪文になぞらえて「ザオラルメール」や「ザオラルLINE」などと呼んだりします。

最初に、2回目のデートを誘うつもりで連絡をしたときは無視されたけど、その後、しばらく経ったら、相手の環境が変わっている可能性は十分にあります。

・お付き合いしていたパパと別れてしまった

・新しいパパが欲しくなった

・忙しかったけど、パパ活をする余裕ができた

・「いろいろな男性と出会ったけど、今思えばこの人そんなに悪くなかったな」と思われるようになった

・単なる気持ちの変化

などなど、時間が経てば、相手の心境だって変化します。

それが好転の材料になり、最初はスルーされていたのに、しばらく経ってから連絡をしてみたら、意外とすんなりデートができるケースもありますよ。

なので、まずは、既読スルー・未読スルーされたからといって、極端に凹んだり、怒ったり、追撃したりせず、しばらくは放置しておくといいでしょう。

その女性に固執しなくても、他に女性会員は、ユニバース倶楽部にたくさんいますからね。

2回目のデートはドタキャンやバックレが多い

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

もし既読スルー・未読スルーをされずに、2回目のデートの約束を取れたとしても、「ドタキャン」や「バックレ」をされるケースもあります。

①バックレ=ご縁が切れる

この場合、ドタキャンならまだ次につながる可能性はあるのですが、バックレの場合はその時点で縁が切れてしまうことが多いですね。

というのも、相手も「約束していたけど、バックレた」というのは理解しているはずなので、そのあと、のうのうと連絡を取ってきたり、また会おうとする可能性は極めて低いということです。

個人的にも、「バックレ=そのまま既読スルー・未読スルー(LINEブロックの可能性もあり)」というパターンが多いです。

なお、ごくまれに「○○の理由があって、連絡できなくてごめんなさい…!」と言ってくる女性もいます。

本当に、急用が入ったり、急な体調不良で連絡ができず、結果的にバックレになってしまったパターンですね。

ただ、可能性が0でないだけで、大半はやむを得ない理由ではないバックレですので、ここで女性を許してまた会う約束を取り付けるか、こちらから見切ってしまうかはお任せします。

個人的には、一度バックレをした女性は、その後もしご縁が続いたとしても、また同じことを繰り返す可能性が高いので、その時点で切ってしまうのがおすすめです。

約束を守らない女性に対して時間や手間を使っても、無駄になる可能性が高いということですね。

②ドタキャンはまだ可能性あり

一方、ドタキャンの場合は、前日にせよ当日にせよ、約束の時間までにきちんと「行けなくなった」旨を伝えてくれているので、まだ挽回のチャンスはあります。

僕自身も、ちょうど先日、2回目のデートをドタキャンされた女性と、仕切り直しの2回目のデートを実現でき、交際&3回目のデートの約束も無事にすることができました。

男性はもちろん、女性としても、2回目のデートをドタキャンされると、かなり不安になると思います。

「あー、このままフェードアウトされるのかな…」

まだ一回しか会っていなくて、大した信頼関係もできていない相手だから、疑心暗鬼になるのは当たり前ですよね。

それでも、バックレと違って、きちんとキャンセルの連絡をしてくれる「ドタキャン」だと、その後の関係をリカバリーして、そのまま良いご縁が続いていく可能性もあるので安心してください。

もちろん、そのままうやむやになって、ご縁が無くなってしまうケースもあるので、人によるとしか言えませんが、バックレと比べると、圧倒的に次につながる可能性が高いのは間違いありません。

③無理にご縁を続ける必要はない

なお、バックレの場合は、そのまま連絡が取れなくなるケースが多いので特にすることはありませんが、ドタキャンに関しては、された方が「許せない…」「もう会いたくない…」と思ったのなら、その場で切ってしまってもいいでしょう。

ドタキャンされるということは、やむを得ない理由であるケースもありますが、それ以上に「自分の優先順位が低い」「軽く見られている」可能性が高いので、そこが許せなければ、無理にご縁を続けることもないと考えています。

もちろん、「もしそう思われていたとしても、また会いたい!」と思えるほど素敵な女性なのであれば、辛い気持ちを堪えて2回目のデート実現に向けて再行動すべきです。

そこまでの思い入れのない相手なら、先ほどバックレのケースでもお話ししたように、さっさと見切りをつけて、次の相手に気持ちを切り替えるのも大事ですよ。

ユニバース倶楽部には、何千人と女性会員がいるので、自分がイヤな気持ちになる女性に時間・手間を使うよりも、気持ちよくお付き合いができる女性を新たに探す方が生産的です。

確かに、オファーするときのセッティング料金は勿体ないと感じるかもしれませんが、それも含めて「本当に良いお付き合いのできる女性」と出会うための『投資』だと割り切って、どんどん新しい女性と出会うのがおすすめですよ。

なぜ、2回目のデートではうまくいかないのか

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ユニバース倶楽部で、初回と比べて2回目のデートが上手くいかないケースが多いことが分かったうえで、「なぜ、2回目のデートは上手くいかないのか?」についてお話ししたいと思います。

ユニバース倶楽部の介入が無くなるから

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

理由はいろいろとあるのですが、一番大きいのは「ユニバース倶楽部の介入がなくなったため」でしょう。

初回デートは、男性会員から女性会員にオファーをする形で、ユニバース倶楽部が主体となってデートのセッティングをしてくれます。

待ち合わせ場所や時間などの連絡、前日確認のメールなども、すべてユニバース倶楽部が対応してくれます。

そして、一番大きいのが、「キャンセル(ドタキャン)」したときの対応もユニバース倶楽部がしてくれる、という点です。

ユニバース倶楽部では、基本的に『デートのセッティングが完了したあとでのキャンセルは認めていない』とルールで決めています。

女性は、入会してから1回目のデートでキャンセルをした場合、強制退会となります。

また、男性も大した理由ではない理由でのキャンセルをした場合、セッティング料金の没収など、男女とも手痛いペナルティがあるんですね。

この「ペナルティ」の存在が、男性はもちろん、女性にも「初回デートはうかつにキャンセル(ドタキャン)できない…」という心理を植え付けているんです。

つまり、「2回目のデートがドタキャンされやすい…」というよりも、『初回デートは、ユニバース倶楽部が介入していることでドタキャンされにくいシステムになっている』と言う方がいいでしょう。

女性のモチベーションが下がるから

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

他に、ユニバース倶楽部の介入以外を理由に挙げるとすると、女性のモチベーションが挙げられます。

初回デートでは、基本的に男性の情報は分からないままデートに向かいます。(プロフィールで公開している男性は閲覧できますが、基本的には情報が無い状態です)

そのため、女性の中で、男性に対しての印象はフラットなんですね。

もしくは、「良い男性だといいな」「素敵なパパになる人だったらどうしよう」みたいな、ポジティブな気持ちで向かう女性も少なくありません。

そういった気持ちにプラスして、「初回デートでは必ず交通費がもらえる」というルールがあるため、安心して女性は初回デートに向かえます。

一方、2回目のデートでは、良くも悪くも男性の印象は、女性に伝わっている状態です。

もし、初回デートでの印象があまり良いものではない場合、仮に連絡先を交換していたとしても、2回目のデートのモチベーションは初回デートほど高くはならないでしょう。

それこそ、冒頭でもお話ししたとおり、「連絡先を交換したものの、別にまた会いたいほどの男性じゃないな~」と思われている可能性もあります。

それに、交通費確約のルールが外れることで、「もし、また会ったとして、交通費・お手当はきちんと渡してくれるのだろうか…」とも思うかもしれません。

こういったマイナスの感情に加えて、「2回目のデートからはユニバース倶楽部の介入が無くなる」ことで、『ドタキャンやバックレによるペナルティも無くなる』ので、2回目のデートは、初回デートと比べると、一気に既読スルー・未読スルー、ドタキャンやバックレの確率が高くなるんですね。

2回目のデートに繋がらない理由まとめ

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

まとめると、次のような形で、ユニバース倶楽部の初回デートと比べると2回目のデートの方が、既読スルー・未読スルーやドタキャン、バックレが起こりやすくなっています。

【初回デート】・ユニバース倶楽部の介入がある
・1回目のデートをキャンセルするとペナルティが発生する
・必ず交通費がもらえるルールがある
・男性への印象がフラット(もしくはポジティブ)

以上の理由で、ドタキャンやバックレが起こりにくい

【2回目のデート】・ユニバース倶楽部の介入がなくなる
・クラブのペナルティもなくなる
・交通費がもらえるルールもなくなる
・男性への印象がある状態(良くないとマイナスに働く)

以上の理由で、初回デートと比べるとドタキャンやバックレが起こりやすい

残念ながら、この要素を完全になくすことは難しいです。

そのため、男性ができることは、できる限り、初回デートで、女性に良い印象を持ってもらうことに尽きます。

「ユニバース倶楽部の介入が無くなっても」「交通費ルールが無くなっても」『また会いたい♪』と思ってもらえるようなデートを、初回にできていると、2回目のデートもきっと実現できますよ。

もちろん2回目のデートが上手くいくケースも多い

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ここまでは、「2回目のデートは失敗する…」ような形でお話ししてきましたが、上手くいくケースももちろん多々あります。

2回目のデートに繋がるケースとは

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

初回デートで、お互いに良い印象、「フィーリングが合う」「見た目も好み(or許容範囲)」「条件が合う」などを残せていれば、高い確率で2回目のデートにつなげられます。

あくまで、「初回デートに比べると、2回目のデートでは既読スルー、ドタキャンやバックレなどが起こりやすい」というだけですね。

僕自身、ユニバース倶楽部に入会してからこれまでの間、数えきれないほどの女性にオファーをし、デートをしてきました。

そして、100%に近い確率でほぼ全員とラインもしくはメール交換をしてきました。

その中には、「うーん、初回デートの感触はイマイチだったな~」からの「2回目のデート、やっぱりダメ(既読・未読スルー、ドタキャンやバックレなど)だったか」というケースもあれば、「あれ?意外とすんなり2回目のデートも実現できたぞ!しかも交際もできちゃったぞ♪」というケースもあります。

逆に、「よしっ!会話も弾んだし、女性も笑顔が多くて、いい感触だった!」だったにも関わらず、「えっ?あんなに感触良かったのに、ダメ(既読・未読スルー、ドタキャンやバックレなど)なの…?」というケースもあれば、「よし、いい感触のとおり、2回目のデートもスムーズに実現できたし、交際もできたぞ!」というケースもあります。

もちろん、可能性としては、「感触が良ければ」「2回目のデートも成功」する方が高く、「感触が悪ければ」「2回目のデートも失敗…(デート自体実現しない)」する方が高いです。

ただ、あくまで可能性の高い低いの話であって、どんな状況でも、2回目のデートは成功することも失敗することもある、ということですね。

「どんな結果でも起こり得る可能性はある」という結論だと、あまり役に立たない話になってしまうので、ここで大事なことをお伝えすると、基本は『初回デートの印象が良い』と『2回目のデートにつながりやすいし、2回目のデートの成功、交際にもつながりやすい』というのは間違いありません。

なので、男性は「良い印象」を自分自身はもちろん、女性に残してもらえるよう、初回デートでは最大限努力をしましょう。

・スムーズかつ紳士的な対応で女性を安心、リラックスさせる
・声は穏やかに、かつモゴモゴとしないよう、大声で委縮させたり怒鳴り散らすのは論外
・会話の中でお互いの共通点を探る
・できるだけたくさん女性を笑わせる(下ネタは無しで)
・女性のことを好みのタイプであること、会えて嬉しいことを伝える
・きちんとサポートをできる用意があることを伝える
・ガツガツせず、交際を焦らず、最後まで紳士的に
・見た目は清潔感をしっかりとイメージする(身なり、ヒゲ、髪の毛など)

このあたりがきちんとできていれば、どんな女性でも、高い確率で2回目のデートにつなげられますよ。

【タクヤ流】2回目のデートに繋がるor繋がらない

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ここからは、僕自身のユニバース倶楽部での初回と2回目のデートの体験談を踏まえて、感じたことをご紹介しますね。

2回目のデートに繋げられた例

①初回デートは顔合わせのみ

初回デートが顔合わせのみで、2回目のデートが上手くいったケースは、ほぼ間違いなく「交際タイプBかA」の女性になります。

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

極稀に交際タイプCの女性もいますが、基本的にはBかAの女性が、顔合わせのみで解散になりますね。

僕が、2回目のデートが上手くいくとき、初回デートで出来ていることは次のとおりです。

交通費はデート前にきちんと手渡す
※ここが遅れるほど、女性からの信用は無くなります

プレゼント攻撃
※簡単なお菓子でいいのでプレゼントをする(もらっている女性は少ないので、好印象です)

女性に、自分の好みのタイプだと伝える
※「可愛い」「美人」よりも、『僕の好みのタイプだったからオファーした』の方が喜ばれます

フィーリングが合うと思ってもらう
※会話のテンポ・内容が合う、価値観が合うなど

趣味など共通点を探す
※無理やりでもいいので、共通点を見つけて盛り上げる

パパ活の交際相手を探していることを伝える
※いきなり、ガチ恋目当て感を出すと惹かれます

パパ活に、それなりに慣れている感を出す
※百戦錬磨のような雰囲気を出すと引かれますが、多少慣れている感を出した方が女性は安心します(「交際のやり方、お手当とかきちんとしてくれそう」と思ってもらえる)

以前、交際していた女性がいると伝える
※良いお付き合いをしていた女性がいることを伝えると、女性は安心します(自分も安心して付き合えそう、と思う)
※「現在進行形」じゃなく、「以前、良いお付き合いをできていた女性がいる」と言うこと(喧嘩別れとかじゃなく、良いお別れの仕方ということにする。それか、理由は言わないか)

きちんとサポートをする、あなたのことをサポートさせてほしい、と伝える
※顔合わせの最後に、「今日、短い間だけだったけど、フィーリングも合うし、好みのタイプだし、僕でよければパパとしてサポートさせてほしい」のようなイメージ

連絡先の交換は忘れずに
※LINEでもカカオトークでもメールアドレスでもいいので、連絡先交換は忘れずに

最後にお礼を言う
※デートをしてくれたお礼を言って、また会いたい旨を伝えます

こういったことを出来ていると、非常に高い確率で、2回目のデートに繋げられています。

「なんで、高い金を払ってまで、女性にこんなに気を遣わないといけないんだ…」と思われる男性は、交際クラブやパパ活に向いていないので止めた方がいいでしょう。

もし、こう思ったとしても、グッと堪えて、今お話しした内容をこなせる男性は、2回目のデートにつなげられます。

一つ一つするのは面倒に感じるかもしれませんが、「いいな」と思って、高いセッティング料金を払ってデートを実現できた女性なのですから、貴重なご縁をムダにしないために、頑張って一つ一つのタスクを達成していきましょう。

②初回デートで大人交際に発展

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

初回デートで大人交際に発展できる場合は、今お話しした「初回デートで出来ていること」が出来ていれば、ほぼ間違いなく大人交際にも発展させられます。

「2回目のデートにつなげられるか」と「初回デートで大人交際に発展できるか」の違いだけであって、意識していること・初回デートでやっていることは一緒ですね。

違いと言えば、デートしている女性の交際タイプが「CかD」であるくらいでしょうか。

この2つの交際タイプの女性は、「初回デートでフィーリングが合えば、大人交際に発展する可能性アリ」なので、初回デートで感触が良ければ、大人交際に誘ってしまいますね。

「初回デートで出来ていること」が出来ている!と思ったら、顔合わせのみの女性ならサヨナラするところを、「このあとどうですか?」と切り出す、ということですね。

違いはこれくらいで、それまでに意識していること、やっていることは同じです。

2回目のデートに繋がらなかった例

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

①初回デートは顔合わせのみ

2回目のデートに繋がらなかったときは、相手の交際タイプが何であれ、繋がらないときは繋がりません。

「1.2回目のデートに繋げられた例」の「①初回デートは顔合わせのみ」でお伝えした『初回デートで出来ていること』で何かしら出来ていないことがあったか、もしくは「できていたけど繋がらなかった」というケースも珍しくはありません。

その場合は、「僕自身が、『出来ていた』と思っていただけ」である可能性もあります。

どういうことかというと、「フィーリングが合うと思っていたけど、相手女性は思っていなかった」ということですね。

あとは、ただ単に「見た目がタイプじゃない」「2回目また会いたいと思える相手じゃない」と思われた、ということです。

どれだけ失礼のない対応をして、デート中楽しく過ごせたとして、僕自身が「いい感触だった!」と思っていたとしても、相手から「交際に発展しようと思うほどの、見た目の良さ・フィーリングの良さはなかった」と思われてしまったら、特に失敗点が見当たらなかったとしても、交際に発展しない、つまり「2回目のデートにつながらない」ことがある、ということです。

このケースに関しては、男として改善できることは残念ながら何もないので、「ご縁が無かった」と思うしかありませんね。

出来ることをやって、それでも2回目のデートに繋がらなければ、諦めるほかありません。

少しでも、見た目を磨く、トーク力を磨くしかないでしょう。

見た目に関しては、ファッションセンスを磨く、身だしなみを整える、スタイルを良くするため運動をする、あとは、「整形をする」というのも、アリだと思います。

「たかがパパ活でそこまでするか?」と思われるかもしれませんが、せっかく、高いお金を出して、素敵な女性との出会いの機会を作ったのですから、そのご縁を無駄にはしたくないですよね。

より確率高く、効率的に2回目のデートにつなげる、長く良い交際を続けるためには、そういった努力をした方をする男性の方がいい結果が出る、ということです。

②初回デートで大人交際に発展

ケースとしては珍しいですが、初回デートで大人交際に発展できたのにも関わらず、2回目のデートにつながらなかったこともあります。

このケースだと、次の3つのパターンのいずれかになります。

・連絡は取り合えたけど、2回目のデートが実現しなかった
・2回目のデートの約束もしたけど、ドタキャンされた⇒そのままフェードアウト
・2回目のデートの約束もして、当日を迎えたけど、バックレられた⇒そのままフェードアウト

このいずれかのケースに該当しますが、肝心の理由は、想像するしかありません。

恐らく、

・お手当に満足できなかった
・セックスの相性が良くなかった
・彼氏などにバレた
・他に良いパパが見つかった
・何となく…

こういった理由が当てはまると思います。

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

お手当に関しては、大人交際の前にお互いに話し合って決めていれば、不満を持つことはありませんが、大人交際の後で、男性主体で決めてしまうと、金額が低かった場合に女性が不満に感じるケースもあります。

明らかに少ない場合など、不満が大きければ、その場で言うかもしれませんが、それほどでもない「相場よりちょっと低いなぁ」「今までの男性より少ないなぁ」ようなケースだと、わざわざその場では言わずに、「もう2回目に会うのは止めておこう」という結果で示してくるわけですね。

男としては、もし、こうなってしまった場合、良いと思っていた女性だと、かなりショックを受けることになります。

なので、大人交際まで発展して「良い!」と感じた女性に対しては、できる限り女性が満足するだけのお手当を渡してあげましょう。

ユニバース倶楽部の大人交際の相場は「4~6万円」とされていますが、相場内なら最大限の誠意を見せる、経済力のある男性なら、それ以上のお手当でサポートをしてあげる、こういった気遣いをすれば、お手当の不満で切られることは無くなりますよ。

なお、何人もの女性と初回デートで大人交際をして、2回目に繋がらないのが1人か2人くらいならあまり気にする必要はありませんが、ほとんど全員と2回目のデートに繋がらない場合は、男性自身に原因がある可能性が高いので、自分の行動を思い返して反省点を改善するようにしてください。

恐らく、高い確率で「セックスが下手(プレイ内容が乱暴、痛い、気持ち悪いなど)」「お手当が低い」のどちらかだと思われます。

女性によっては、しっかりとイヤなときは意思表示してきますが、イヤでもなかなか口にできない女性もいるので、気を付けましょう。

改善点を見つけて改善ができないと、新しい女性にどんどんとオファーをしても、また2回目のデートにつながらない出会いばかりになってしまいます。

こういった点をしっかりと意識していて、初回デートで大人交際に発展できたのに、2回目のデートにつながらなかった場合は、男性の努力ではどうにもならない不確定要素である可能性が高いです。

先ほどの例だと、「彼氏や親にバレた」とか「何となく面倒くさくなった」とか、そういった理由のケースもあります。

こういう理由で切られてしまうと、男としてはどうしようもないので、こういう「どうしようもないの理由で2回目のデートに繋がらないこともあるんだ」ということも頭に入れて、あまり気にし過ぎないのも大事です。

あまり気にし過ぎてしまうと、「せっかく、雰囲気も良かったのに、俺の何がダメだったんだ…」と落ち込んで、先に進めなくなってしまいますからね。

理不尽な切られ方をしたときは、「世の中にはこういう理不尽な女もいるんだ」と思って、先に進むようにしてください。

2回目のデートに繋がらない【女性編】

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

ここまでは、「男性が、女性と2回目のデートに繋がらない」をテーマにお話ししてきましたが、ここからは『女性が、男性と2回目のデートに繋がらないケース』についてお話しします。

2回目のデートに繋がらないケースは、男性と比べると少ないですが、女性会員でもふつうにありますので、参考にしていただければと思います。

女性が、男性と2回目のデートに繋がらない理由

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

①ルックスが好みじゃない

男性と、2回目のデートに繋がらない理由の一つがこれです。

分かりやすい理由ですね。

ただ、ルックスが原因で2回目のデートに繋がらないケースはあまりありません。

というのも、女性と違って、男性は、会員ページで「女性のルックスを見たうえでオファーをしている」からです。

もちろん、会員ページで見たのと、実物とで印象が違った!というケースはあります。

それでも、ユニバース倶楽部の会員ページでは、女性会員は、プロのカメラマンが加工をせずに撮影した写真や動画を掲載していますので、それを見てオファーしている以上、実際に会ったときにミスマッチを感じることはほぼ無いんですね。

そのため、男性と2回目のデートに繋がらない理由としては、可能性は低いと考えていただいて結構です。

②スタイルが好みじゃない

2回目のデートに繋がらない理由として、「スタイルが好みじゃない」という点も挙げられます。

こちらも、ルックスと同様、オファー前に会員ページのプロフィール写真や動画で確認をしているはずなのですが、実際に会ってみると「思っていたよりも太っていた…」など、イメージと違うことがあります。

このとき、男性が自分の許容範囲以上に体型が変わっていると、初回デートで見切られてしまい、2回目のデートに繋がらない結果になってしまいます。

なぜ、こういうことが起こるかというと、女性がユニバース倶楽部の支店で面接を受けたときから、実際に男性と会うまでに時差があるためです。

例えば、面接で撮影した写真や動画が、半年前に撮ったものだとして、オファーをしてきた男性と出会ったのが半年後だとします。

そして、その半年の間に体重が仮に7kgも増えてしまったとしたら、それは「明らかに写真や動画と比べて体型が変化している…」となるわけですね。

まあ、そこまで極端な例は少ないでしょうが、期間が空けばあくほど、女性の体型が変化する可能性は高くなります。

男性にとっては、会員ページのプロフィール写真で見た、すらっとした女性をイメージしてオファーをし、デートに向かったのに、実際に登場したのがぽっちゃり女子だったら、ガッカリするでしょう。

それでも、挽回できるほどデートを楽しませられたら、2回目のデートに繋がるのでしょうが、挽回できなければ2回目のデートに繋がらない結果になるわけですね。

ユニバース倶楽部では、既存の会員は、半年に一回は、ユニバース倶楽部の支店を再度訪れて、写真や動画の再撮影を行っています。

そのため、半年に一度はプロフィール写真や動画を更新することになるのですが、半年間は空いてしまうので、その時期にあまり体型が変わらないよう、気を付けましょう。

ユニバース倶楽部でたくさんオファーをもらうためはもちろん、オファーをしてくれた男性と2回目のデートにつなげるためにも大事なところです。

尚、写真撮影についてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部の写真は、面接でプロのカメラマンが撮影!

③フィーリングが合わない

2回目のデートに繋がらない理由として多いのが、この「フィーリングが合わない」ですね。

フィーリングが合う合わないというのは、会員ページのプロフィールだけでは判断ができません。

実際に会って、喋ってみないと分からない部分なんですね。

もちろん、ユニバース倶楽部では動画撮影もしているので、動画を見れば、その女性の人となりが何となくは分かります。

ただ、面接中は女性もネコを被っているケースも多く、実際に出会ってみて、初めてその女性の人となりが分かり、フィーリングが合うかどうか分かるのが一般的です。

そのため、男性が「穏やかでお淑やかな女性をイメージしていたのに、実際に会ったら、めっちゃ喋る…!落ち着きもないし、そういう女性は苦手だからパス!」と思ってしまったら、2回目のデートに繋がらない結果になるわけですね。

逆のパターンもあり、「明るくてよく喋る女性だと思ったら、全然喋らない大人しい女性だった」とか、男性が会員ページのプロフィールで抱いていたイメージを覆すような実物だと、切られやすいです。

男性からしてみれば、フィーリングが合おうが合うまいが、見た目がタイプなのであれば、体の関係にさえなれればOK!と思っている人もいるので、決してフィーリングが合わないからといって2回目のデートに繋がらないわけではありませんが、明らかに一緒にいるのが辛いレベルでフィーリングが合わないと、切られてしまう可能性は高くなります。

女性からしたら、自分から男性に無理に合わせる必要はありませんが、少なからず良い人だな…と思った相手なのであれば、少しは相手にフィーリングを合わせる必要はあるでしょう。

基本的には、会話のトーン・テンポ、話題、趣味、考え方、価値観、好きなもの・嫌いなもの、などなど、「あっ、この人と合うな~♪」と思ってもらえるような姿勢で臨むといいですよ。

④大人交際へのガードが固い

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

「大人交際へのガードが固い」ことも、2回目のデートに繋がらない理由になります。

男性は女性と違って、ユニバース倶楽部では「大人交際(体の関係)」をメインに考えているケースが多いです。

そのため、「この子は、大人交際への発展が難しそうだな…」と思われると、見切られる要因になる、ということですね。

「2回じゃ難しくても、3回、4回とデートを重ねればいけそう!」など、少し時間は掛かっても、口説き落とせそう、大人交際に発展できそう、と思ってもらえれば、2回目のデートに繋がりますが、初回デートでまったくその気配すら感じないと、男性も白旗を上げて諦めてしまいます。

そうして、初回デートで見切られ、2回目のデートに繋がらない結果になってしまうんですね。

なお、ユニバース倶楽部には、「交際タイプ」というものがあります。

ここで、「交際タイプA以外」を選んだ場合、男性は大人交際のチャンスがある!と思います。

すると、デートにも少なからず大人交際のチャンスを伺いにやってくるので、その期待を踏みにじるような対応をとってしまうと、見切られやすいです。

「私は、そういう関係になるつもりはありません」「大人交際は難しいです」

きっぱり断ることで、男性にさっさと諦めてもらえるメリットはありますが、逆に、2回目のデートに繋がらないデメリットもありますし、何より、交際タイプAじゃないのにそういった態度を取るとトラブルに発展してしまうリスクもあります。

「交際タイプB~Dなのに、そんな態度をするのはおかしい、交際タイプ詐欺だ!」と言われてしまいます。

2回目のデートに繋げるためにも、無駄なトラブルを避けるためにも、交際タイプA以外を選んだのであれば、男性に対して、大人交際の可能性も匂わせましょう。

もちろん、本当にイヤな男性に対して、無理に体を許す必要はありませんが、男性がそこを期待してデートにくることも考慮して対応(わざと隙を見せる)すると、2回目のデートにも繋げやすいですよ。

⑤セックスの相性が悪い

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

2回目のデートに繋がらない理由として意外と多いのが、この「セックスの相性が悪い」です。

この場合は、初回デートで大人交際に発展しているので、交際タイプCかDを選んだ女性が当てはまります。(稀に、交際タイプBやEでも初回からエッチする女性もいますが)

男性としては、「セックスがしたい!」という気持ちはもちろんですが、それと同じくらい「セックスの相性が良い女性を見つけたい!」と思っています。

つまり、セックスをして終わりではなく、「楽しく興奮する素敵なセックスができる女性と長期交際をすること」が最終的な目標なんですね。

もちろん、それ以外に心のお付き合いも重要視する男性もいますが、一般的には「セックスの相性が良い女性」を男性は求めているんです。

なので、セックスの相性が良い女性なら、それ以外の条件(ルックス、お手当など)が、多少男性にとって理想通りではなくても、長く良い交際を続けやすくなります。

そして、それは、「セックスの相性が悪い女性とは、長期交際を続けにくい」とも言い替えられるんですね。

もちろん、それでも、「フィーリングがものすごく合う」とか「内面が女神・天使のように素敵」なら長期交際できるでしょうが、なかなかそういった女性は少ないです。

そのため、初回デートで「セックスの相性が悪い」と思われてしまうと、どうしてもその先の交際に続きにくくなってしまうんですね。

男性としては、こういう場合、「うーん、セックスしたけど相性イマイチだったな~、まあ一回ヤレたし、これで終わりでもいいか!」と思ってしまうんですね。

ここで、男性に「セックスの相性めっちゃ良かった!めっちゃ興奮したし、気持ち良かったし、最高だった!!」と思わせるか、ここまでじゃなくても、少なからず悪い印象さえ与えなければ、2回目のデートに繋がる可能性は高いです。

なかなか、狙って、男性に対して「セックスの相性が良い!」と思わせるのは難しいかもしれません。

それでも、「セックス中に、こういう態度、言動をすると男性は喜ぶ」というテンプレートのようなものはありますので、もし、「初回デートで大人交際してあげたのに、2回目のデートに繋がらない…泣」という女性は、自分のセックスを振り返ってみて、至らないところを改善するようにするといいでしょう。

そういった地道な努力の積み重ねで、良い男性と長く良いお付き合いができますよ。

⑥お手当の希望が高すぎる

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

「お手当の希望が高すぎる」、これも、2回目のデートに繋がらない大きな理由の一つです。

どれだけフィーリングが合っても、ルックスが男性のどストライクでも、セックスの相性が最高に良くても、お手当の希望が高すぎるだけで2回目のデートに繋がらないケースは多々あります。

男性としては、「また会いたい、けれどお手当が高すぎる…」と思ってしまうと、現実的にお金を支払うことが難しくなってしまうんですね。

ユニバース倶楽部に登録している男性会員は、基本的には経済的に余裕のある方が多いです。

それでも、その経済力は無限ではありません。

誰もが、セレブ・リッチな男性ではないんですね。

なので、相場を無視した希望を伝えたり、金銭感覚がバグっているようなお手当を希望すると、男性としては一気に冷めますし、現実的に支払えないですから、2回目のデートに繋がらない、というわけですね。

男性としては、「目の前に女性がいて、その金額を支払えば大人交際ができる!」と思えば、その場の性欲に負けて、多少高額でもお手当を払ってしまうことはあり得ます。

しかし、その後、解散してから「まあ、良い女だったけど、あれだけ高額なお手当を、毎回払い続けるのはムリだな…」と思ってしまうんですね。

そうなると、初回デートで希望のお手当をもらえたとしても、2回目のデートに繋がらないというわけです。

大してタイプではなく、フィーリングも合わないと感じた男性なら、多少ふっかけてもいいでしょうが、少なからず「良い男性で、ご縁を大事にしたい」と思う男性なのであれば、自分の希望ばかりを伝えるのは止めましょう。

必ず、お手当の相場を意識して、男性に無理のないお手当を希望するようにしてください。

それか、お手当の希望はせず、男性にお任せするようにしましょう。

そうすれば、男性から「金の掛かる女」「コスパの悪い女」と思われることは無くなりますよ。

ちなみに、個人的な感想ですが、「自分で希望のお手当の金額を言ってくる」時点でややマイナスなのですが、それが「相場を上回った場合」印象はかなり悪くなります。

それでも、その女性が「ルックスがかなり良い」「性格も良い」「フィーリングも良い」「セックスの相性も良い」と他の要素が完ぺきなら、長期交際の可能性もありますが、他の要素がイマイチなのに、お手当のマイナス要素が高いと、まず2回目のデートに繋げようとは思いません。

最悪、初回デートだけで切りますし、続いても2~3回が限界でしょう。

「もっとよく探せば、もっと良い女性がいる」と思いますからね。

ユニバース倶楽部では、大人交際ありの関係の場合、お手当の相場は「4~6万円」とされています。

この相場を頭に入れたうえで、自分の女性としての価値観を客観的に見てみて、あとは自分の希望の金額も考えてみて、もし男性に希望を伝えるのなら、男性にとって無理のない金額を伝えるようにしましょう。

間違っても、都度払いで「10万」「15万」「20万」などとは言わない事です。

そうすれば、きっと2回目のデートに繋げることは十分に可能ですよ。

お手当・お小遣い金額の相場についてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部の女性へのお手当・お小遣い金額の相場を徹底解説!

⑦家族にバレた・バレそう

ユニバース倶楽部で、女性が男性と「2回目のデートに繋げられない」理由として、最後にご紹介するのが『家族にバレた・バレそう』です。

ユニバース倶楽部では、男性会員の既婚率・未婚率は半々くらいですが、若干、未婚男性の方が多いです。

それでも、半数くらいは既婚男性が登録しています。

既婚男性がユニバース倶楽部を利用するとき、一番気を付けていると言っていいのが、この「家族バレ」です。

「奥さんにバレないか」「子供にバレないか」「親にバレないか」「その他親族にバレないか」また、家族以外でも「職場の人、友達にバレないか」

このあたりを、かなり神経質になって気にしている男性が多いです。

当たり前ですよね。

愛人クラブで出会った女性と出会っている、交際している、なんてことが奥さんにバレたら、どうなるか…火を見るよりも明らかです。

修羅場は確実でしょう。

実際に、そういうケースの話を聞いたことがありますが、奥さんが激怒、旦那さんは即クラブを退会、それだけでは収まらずに、出会っていた女性にも被害が及んだ、という実話もあります。

こういう修羅場にならないために、男性は、ユニバース倶楽部に登録していること、利用をしていることを、何よりも身バレしないよう気を付けています。

そのため、もし万が一バレてしまったり、これ以上利用していたら確実にバレる!とバレそうになってしまった場合は、初回デートの印象の良い悪いに関わらず、2回目のデートに繋がらなくなってしまうケースがあります。

これは、女性にとって不可抗力になる部分なので、女性自身が注意すべき、改善すべき点がないのですが、男性にとっては、こういう理由で2回目のデートに繋げられないこともあるので、頭に入れておきましょう。

女性からしたら、何ら悪いことをしていないし、男性に対して悪い印象を与えていないのにも関わらず切られてしまっているから、まったく意味不明ですよね。

でも、そういう場合は、その裏では男性が家族バレしてしまうなど、不可抗力の理由が発生していることもあるんです。

女性からしたら、努力して防げるものではないのですが、家族バレしないように、できることだけでもしてあげると既婚男性には喜ばれます。

例えば、男性の連絡方法のメインがLINEなら、カカオトークやメールで連絡をするようにする。

連絡をする時間帯を、家族バレしづらい時間帯にする(自宅じゃなく、職場にいる時間帯など)。

連絡の内容も、デートとか交際といったことが分からないよう、業務的な内容にする。

名前を男性の名前に変えて連絡する。

などなど、女性からでもできることは少なからずありますので、こういったお手伝いをしてあげると、既婚男性も喜びますし、2回目のデートに繋げられる可能性も高くなります。

もし、出会った男性がとても素敵な人で、長期交際したいと思えるような男性なら、その人が既婚者だったなら、取り入れてみるといいでしょう。

既婚男性に対して、家族バレしないよう気を付けて行動・連絡をすることは、その男性だけじゃなく、自分の身を守るためにも役立ちますので、必ず意識してくださいね。

まとめ

ユニバース倶楽部の使い方・交際内容

以上、今回の話をまとめると次のとおりです。

・2回目のデートは既読・未読スルーが多い
・2回目のデートはドタキャンやバックレが多い
・初回と比べて2回目のデートが上手くいかない理由としては、
①ユニバース倶楽部の介入が無くなるから
②女性のモチベーションが下がるから

・もちろん、2回目のデートが上手くいくケースも多い
・次のことが初回デートで達成できていると、2回目のデートに繋がりやすい
①フィーリングが合う
②見た目(清潔感も含む)が許容範囲内
③共通点がたくさんある(趣味、出身地、好きな食べ物など何でも)

・大人交際をした場合、次のことが達成できていると、2回目のデートに繋がりやすい
①条件面(お手当)に満足できる
②セックスの相性が良い
③ダメ!ということ(避妊しない、乱暴・痛いプレイ)をしない

・2回目のデートに繋がらないのは、圧倒的に男性のケースが多いが、女性のケースもある
・女性が、男性と2回目のデートに繋がらない理由としては、
①ルックスが好みじゃない
②スタイルが好みじゃない
③フィーリングが合わない
④大人交際へのガードが固い
⑤セックスの相性が悪い
⑥お手当の希望が高すぎる
⑦家族にバレた・バレそう

ユニバース倶楽部の男性会員にとって、女性とのデートは、安くないセッティング料金を支払って実現した大切なイベントです。

しかも、お金を払ってでも会いたいと思うほどの素敵な女性ですから、できるだけ長く良い交際を続けたいと思うでしょう。

そんな大事なご縁なのに、2回目のデートに繋がらないととっても悲しいですよね。

今回、ご紹介したとおり、ユニバース倶楽部の出会いで、女性と2回目のデートに繋がらないのは、きちんと理由があります。

その理由を一つ一つクリアしていけば、きっと高い確率で、2回目のデートに繋げられますし、その先の素敵な関係にも繋げられますよ。

ユニバース倶楽部の交際、パパ活、愛人関係のお付き合いに慣れていない方にとっては、はじめはなかなか大変と思います。

ですが、たくさんの出会いを経験して、今回お話ししたことを意識して女性と接すれば、きっと素敵なパートナーが見つけられますよ。

男性はもちろん、女性にとっても、素敵なパートナーとの良いご縁が続くように、少しでも参考になれば幸いです。

以上で、「ユニバース倶楽部の2回目デートを解説!ドタキャン・バックレが多い?」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

タクヤ

バツイチ独身のアラフォー男性です。IT系の小さい会社を経営しています。ユニバース倶楽部のパパ活歴は3年以上。オファーをした女性会員は100人以上。クラブの利用を通じて経験したこと、感じたことを思いのままにご紹介しています。
ユニバース倶楽部 登録 入会