ユニバース倶楽部の20代女性の割合・クラス・交際タイプを徹底解説

タクヤです。

こちらでは、「ユニバース倶楽部の20代」をテーマにてお話しをしています。

ユニバース倶楽部には、さまざまな年齢の会員が登録されていますが、20代の会員はどれくらいいるのでしょうか?

男性なら20代女性会員がどれくらいいるのか、女性なら20代男性会員がどれくらいいるのか、気になる方は多いと思います。

そこで今回は、「ユニバース倶楽部の20代」をテーマに、20代会員の人数や割合、20代女性会員のクラスや交際タイプ、お手当の相場などを徹底解説したいと思います。

20代の女性会員についての情報がメインになるので、男性向けの記事ではありますが、20代男性会員についても少しご紹介します。

また、20代女性会員とデートをした、僕自身の口コミ体験談もお話ししていますので、20代女性に興味のある方は、ぜひ見てみてくださいね。

ユニバース倶楽部の20代の女性会員の割合

ユニバース倶楽部の会員について

まずは、ユニバース倶楽部に登録している「20代の女性会員の割合」からご紹介します。

20代の女性会員の人数と割合

クラブの会員サイトで、全女性会員を対象に年齢絞り込み機能を使って調べた結果、以下のようになりました。

全会員:7,184名
20代女性:5,091名
※内訳=20~24歳:2,980名、25~29歳:2,111名
※2019年5月時点のデータ20代女性の割合:約71%
約1.4人に1人が20代女性

ユニバース倶楽部は、世間では「交際クラブ」と呼ばれるサービスです。

別の名を、「デートクラブ」や「愛人クラブ」などと呼ぶこともあります。

ただ、最近『パパ活』という言葉が世間を賑わせるようになってからは、「パパ活倶楽部」などと呼ばれるようにもなりました。

そして、「パパ活倶楽部」のネーミング自体をユニバース倶楽部が宣伝するようになってからは、入会する女性の年齢層はどんどんと若くなり、結果、もっとも多く在籍している女性会員が『20代』となったんですね。

ユニバース倶楽部には、30代女性も多くいますし、40代女性も少なくありませんが、何よりも圧倒的に20代女性が多数を占めています。

その結果が、今回の「クラブ全体の約71%が20代女性」という数字に表れています。

①クラブの7割以上が20代女性

それにしても、半分以上どころか、約7割が20代女性となったのは驚きの多さでした。

なんせ、2人に1人以上(約1.4人に1人)が20代女性ですからね。

10代女性は18歳以上しか入会できないとはいえ、断トツで20代女性が多い結果となったのは、個人的にも少し意外でした。

20代女性が一番多い割合になるとしても、もう少し他の年代の女性も多く登録していて、バランスが取れると思っていましたので。

個人的には意外な結果となりましたが、若い20代女性が多いこの結果は、ユニバース倶楽部に在籍している男性会員、もしくは、これから入会を検討している男性には良いニュースかもしれませんね。

やはり、男性は何歳になっても、若い女性が好きな方が多いですから。

20代前半と後半の女性会員の人数と割合

ユニバース倶楽部の会員について

なお、先ほどは「20代全体の女性会員」としてデータをご紹介しましたが、ユニバース倶楽部の会員サイトでは、20代女性の中でも「20~24歳」と「25~29歳」の2パターンに分けて表示ができます。

せっかくなので、「20代前半(20~24歳)」と「20代後半(25~29歳)」の数字も参考までにご紹介したいと思います。

なお、リサーチ結果は次のとおりです。

20~24歳女性の割合:全体の約41%
約2.4人に1人が20~24歳女性

25~29歳女性の割合:全体の約29%
約3.4人に1人が25~29歳女性

20~24歳女性、つまり「20代前半の女性会員」の割合は全体の41%
25~29歳女性、つまり「20代後半の女性会員」の割合は全体の29%

このように、20代前半から半ばにかけての年齢の女性の方が、20代の中でも多いことが分かりました。

①20~24歳の女性が特に多い

ユニバース倶楽部の会員について

この数字を見て分かるのは、「20代女性」と言っても、『20代の中でも前半から半ばにかけての、特に若い女性』が多いということです。

20代前半女性だけでも、全体の4割を占めているので、どれほど多いかが分かります。

これは、まだまだ経済的に余裕のない女性が多いことと、「パパ活」という言葉に馴染みがある女性が多いことが要因としてあげられると考えています。

20代前半というと、まだまだ社会に出ていない女性も多く、学生が中心でしょう。

「女子大生」と呼ばれる大学生をはじめ、短大生、専門学校生などが多く、社会人として働いてお給料を得ている女性は少ないです。

しかも最近では、親の援助を受けず、自分で学費を払っている苦学生も多く、奨学金などを払っている女性も少なくありません。

そのうえ、実家住まいではなく一人暮らしをしているのなら、生活費も必要ですから、より一層、経済的に余裕がないということですね。

加えて、20代前半というと、まだまだ遊びたい盛り、欲しいものもたくさんあるし、友達や彼氏と遊んだり、何かとお金が掛かります。

もし学生では無かったとしても、20代前半で社会人として働き始めたばかりの女性は経済的に余裕がなく、学生と同様にお金に困るケースは多いです。

特に女性の場合、アパレル関係、エステティシャン、ネイリストといった、お給料が少ないと言われる仕事に就いている方も少なくありませんからね。

そういった、「学費を自分で払わなければならない」「生活費も稼がないといけない」「欲しいものもたくさんあるし、遊びたい盛り」という女性が、バイトだけではとても足りずに、「パパ活」をはじめる、というケースが増えています。

そして、パパ活からユニバース倶楽部にたどり着いた女性が多く入会しており、その結果、この数字のように「20代前半の女性が全体の4割を占める」となっていると考えています。

②20代後半が少ない理由

ユニバース倶楽部の会員について

20代半ばから後半に掛けての年齢だと、学校は卒業して社会人として働いている女性も多く、経済的に安定し、余裕も出ている方が多いため、20代の中では比較的割合としては小さい結果になったのでしょう。

ユニバース倶楽部に登録している「20代女性の中の、年齢の分布」を見るだけでも、今の日本の社会情勢が透けて見えるような気がしました。

まあ、男としては若い女性とたくさん遊べる機会が増えるのは喜ばしいことなので、大歓迎なのですが。

経済的に余裕が無い若い女性が経済的なサポートを求めて、
経済的に余裕のある中年男性が経済的なサポートの対価として、若い女性との出会いを求めて、

ユニバース倶楽部に入会してくる、というわけですね。

非常にバランスの取れたマッチングだと思います。

ユニバース倶楽部の20代の女性会員のクラス

ユニバース倶楽部の会員について

続いて、ユニバース倶楽部に登録している20代女性の「会員クラス」の割合についてお話しします。

4つのクラス(会員ランク)

ユニバース倶楽部の会員について

ユニバース倶楽部には4つのクラス(スタンダード、ゴールド、プラスナ、ブラッククラス)があり、会員ランクとも呼ばれています。

クラブに入会したら、男性も女性もこのいずれかのクラスに登録されます。

男性はクラスごとの入会費用を支払えば、自分で好きなクラスに登録ができますが、女性はできません。

女性には入会費用が掛からないので、クラブから自動で付けられる形で自分のクラスが決められます。

女性の場合は、「見た目・ルックス」がクラス分けの大きな評価対象になります。

単純に、「可愛い・美人であるほど、高いクラスになる」となっています。

また、見た目・ルックスほど大きな評価対象ではないものの、「内面」や「スタイル(身長やバストサイズ)」「髪の毛の色(暗い色の方が好ポイント)「肌の質感(肌が綺麗、白いなど)」といった部分も評価の対象になります。

例えば、見た目が「誰が見ても美人、それも芸能人クラスの超美人!」なら、髪の毛が明るかろうと、やや肌荒れしていようと「ブラッククラス」になるでしょう。

一方、「まあ美人だけど、クラスに2~3人はいるかな」というレベルなら、それだけだとゴールドかプラチナクラスだけど、そこに「内面が良い」「髪の毛も黒髪でお肌も綺麗」など、他のプラス要素が加わると、プラチナかあるいわブラッククラスになることもある、という感じです。

見た目が美人でもなく、ふつう、もしくはそれ以下、それでいて見た目以外の要素でも特にプラスがなければ、スタンダードか良くてゴールドクラス、という感じで登録されます。

ちなみに、「見た目」や「内面」などの評価は、女性がユニバース倶楽部の支店に面接に行ったとき、面接時の面接担当スタッフの評価となります。

20代女性のクラスの割合

ユニバース倶楽部の会員について

以上を踏まえて、20代女性のクラスの割合は次のようになりました。

①20代女性全体の割合

20代女性全体:5,091名スタンダードクラス:1,471名(全体の約29%、約3人に1人はスタンダードクラス)
ゴールドクラス:2,517名(全体の約49%、約2人に1人はゴールドクラス)
プラチナクラス:907名(全体の約18%、約6人に1人はプラチナクラス)
ブラッククラス:196名(全体の約4%、約26人に1人はブラッククラス)

 

②もっとも多いゴールドクラス

ユニバース倶楽部の会員について

結果を見ると、ゴールドクラスがもっとも多いですね。

20代女性の約49%はゴールドクラスなので、半分はゴールドということになります。

ゴールドクラスは、個人的には、可もなく不可もなくという印象です。

飛びぬけて美人はいないけれど、ブスもあまりいない。

見た目のレベルでいうと、ふつうからやや可愛い女性が多い、というイメージですね。

ただ、まれに「えっ!?こんな可愛い子がゴールドクラスなの??プラチナの間違いじゃなくて???」というレベルの美人が紛れ込んでいるケースもあります。

そういう女性のことを、ユニバース倶楽部用語で「ラッキーゴールド」と言います。

もちろん、「ラッキーゴールド」というだけあって、滅多に見つけられるものではないのですが、こういう素敵な女性もいるので、面食いな男性も油断できないクラスとなっています。

僕自身はブラッククラスの会員なので全クラスの女性にオファーができるのですが、今までは基本的にプラチナかブラッククラスの女性にばかりオファーをしていました。

ただ、今お話ししたように「ラッキーゴールド」の女性もいるので、たまにゴールドクラスの女性にもオファーをしたことが何度かあります。

そのときに感じるのは、「確かに、ブラッククラス女性と比べると見劣りする部分はあるけれど、内面は素敵な女性もいるし、何より費用を安くオファーできるので、コスパは良いな!」ということです。

ゴールドクラスだからと侮るなかれ、コスパを考えると、実は優秀な会員ランクなんですね。

そんなゴールドクラスが、20代女性の中でも、一番割合の多い結果となりました。

③二番目に多いスタンダードクラス

ユニバース倶楽部の会員について

次いで多いのがスタンダードクラスです。

数字で言うと約29%、20代女性の約3人に1人がスタンダードクラスということになります。

スタンダードクラスの女性は、ゴールドクラス以上に見た目のレベルが下がる形になります。

見た目、ふつう~やや可愛いレベルの女性もいますが、ブス・デブと呼ばれるレベルだと間違いなくスタンダードクラスに登録されています。

あと、年齢が高い(40代や50代など)と、顔はふつう~やや可愛いでもスタンダードクラスに設定される傾向にあります。

年齢をたくさん重ねているのは、ユニバース倶楽部のクラス分けではマイナスポイントになる、ということですね。

その点、20代女性は「年齢」という部分でメリットしかありません。

そのため、20代という若さをもってしても補えないほど、見た目・ルックスの面で評価が難しい女性だと、必然とスタンダードクラスになる、という形になっています。

僕自身、スタンダードクラスの女性にオファーをした経験が今まで一度もありません。

ただ、スタンダードクラスの女性で「あれ?この女性とっても素敵だと思ったけどスタンダードクラスなんだ…以外だなぁ」と感じた女性が何人かいて、その女性をマイページのお気に入りリストに入れたことはあります。

残念ながら、他のもっと素敵な女性に優先してオファーをしてしまったので、今のところオファーは実現していませんが、僕が言えるのは「面食いの男性でも、オファーを検討する余地のあるレベルの美人もスタンダードクラスに、数は少ないがいる」ということです。

そのため、「スタンダードクラスだから、オファーする価値の無いブスが約3割もいる!!」とマイナスで捉えるのではなく、「コスパ良くオファーできる女性が約3割もいて、その中には、クラス設定ミスったんじゃないの?というレベルの美人も紛れ込んでいる」と考えると、スタンダードクラス女性を見るのも楽しくなりますよ。

④三番目に多いプラチナクラス

ユニバース倶楽部の会員について

次いで多いのがプラチナクラスです。

数字で言うと約18%、20代女性の約6人に1人がプラチナクラスということになります。

プラチナクラスは、「人の好みのタイプかどうかはさておき、誰が見ても『あっ、美人さんだね!』と感じる」レベルです。

街中を歩いていたら、誰もが振り返るレベルではありませんが、「クラスの上位には間違いなく食い込むレベル」の美人です。

美人のスケールの中では、下の方だったり、真ん中だったり、上の方だったりバラつきはあるけれど、美人・可愛いことは間違いない、というのがプラチナクラスの女性の印象です。

「アイドルのような可愛らしい美人」がいれば、「モデルのようなクールビューティな美人」など、いろいろなジャンルの美人が登録されています。

また、セッティング料金もゴールドクラスよりは高くはなりますが、ブラッククラスと比べるとかなり安く、個人的にはコスパ最強の会員ランクだと思っています。

僕自身はブラッククラス会員ですが、今までにもっともオファーをしてきたのが、このプラチナクラス女性となります。

20代女性のうち、約2割がプラチナクラスということで、やや少ないかな?と感じるかもしれませんが、個人的には「約2割もいれば十分に楽しめる!」と思っています。

「約2割」「約20%」と聞くと少なく感じますが、人数で見ると「907名」もいるわけです。

しかも、20代女性は、他の年代と比べて、もともとの人数が圧倒的に多いですし。

さらに、毎日のように新しい女性会員が入会してくるので、そう考えると、物足りなさは全く感じませんよ。

ちなみに、僕が今までにもっともオファーをしているのが、この「20代のプラチナクラス女性」です。

美人なのはもちろん、内面も良く、長く良いお付き合いができている女性が多いです。

しかも、セッティング料金はブラッククラスと比べてかなりリーズナブルになりますし、20代のプラチナクラス女性は「一番コスパが良い」と感じています。

はじめてユニバース倶楽部で女性にオファーをするときや、これまでのデートで満足感をあまり得られなかった男性には、とりあえず20代のプラチナクラス女性とデートをしてみてほしい、と思うくらいです。

⑤もっとも少ないブラッククラス

ユニバース倶楽部の会員について

最後に、もっとも割合が少ないのがブラッククラスです。

数字で言うと約4%、20代女性の約26人に1人がブラッククラスということになります。

ブラッククラスは、どの年代でも一番割合が小さいクラスとなっています。

それだけ、選ばれる女性が少ない、ということですね。

ブラッククラスの特徴としては、「何よりも美人」これに尽きます。

それも、「雰囲気美人」とかではなく『高いレベルでの美人』です。

街中を歩けば誰もが振り返る、また、池袋や原宿を歩けば高い確率でスカウトに話しかけられる、ナンパされる、そういうレベルの美人です。

クラスでは間違いなく1~2番目の美人でしたし、学年でも1~2番目の美人だったであろうレベルです。

あと、ブラッククラス女性は、見た目と同じくらい内面も見られます。

内面も素敵でなければブラッククラスには登録されない、といってもいいくらいです。

他のクラスだと、内面はさておき、見た目が美人でさえあれば高いクラスには登録されるのですが、他のクラス以上にブラッククラスは女性の内面も評価していると考えています。

そのため、ブラッククラスの女性とデートをするときは、人柄や内面の良さを感じることが多いですし、今現在長くお付き合いが続いている女性もブラッククラスの方が一番多いですね。

見た目が美人なだけだと、内面が微妙だった場合、割り切りの関係ならまだしも、心の通じる関係を長く続けるのは難しいです。

男性の多くが、心の通じる関係にしたいと思っていますから、そういった面でブラッククラス女性はうってつけです。

唯一のデメリットは、オファー時のセッティング料金がやや割高というくらいですね。

東京・大阪エリアの女性だと、セッティング料金で10万円も掛かるので(東京・大阪以外なら8万円)、なかなか軽い気持ちでオファーできるものではありません。

費用は掛かるけれど、ハイクラスな見た目はもちろん、長く良いお付き合いができる内面を持っていて、素敵な交際を楽しめるのがブラッククラス女性の特徴となっています。

⑥ブラッククラス女性が少ない理由

ユニバース倶楽部の会員について

そんなブラッククラス女性なので、当然、ユニバース倶楽部内で選ばれる基準も非常に厳しいです。

見た目が美人でも、面接時の対応や言動などで少しでも評価が下がれば、ブラッククラスになることは無いでしょう。

担当スタッフに話を聞くと、「女性をブラッククラスに設定するときは、私たちもかなり気を遣います」「少しでも残念な部分があれば、すぐにプラチナクラスにしてしまいます」と言っていました。

下手にブラッククラスにしてしまうと、女性自身にもオファーがこなくなってしまい誰も得をしない結果になる恐れもありますからね。(ブラッククラス女性にオファーをできるのはブラッククラス男性会員だけなので)

僕自身も、「この女性、見た目だけなら全然ブラッククラスなんだけどな~」「髪の色とか、内面の部分で残念なところがあってプラチナクラスどまりなんだろうな」と感じる女性を何人も見てきました。

それだけ選ばれるのがシビアなブラッククラスなので、他の年代はもちろん、20代でももっとも少ない割合になったのだと考えられます。

ただ、割合の数字で見ると4%と少なく感じますが、それでも人数で見ると「196名」もいるわけです。

そのため、個人的には20代のブラッククラス女性とユニバース倶楽部で出会うには十分な人数は揃っていると感じています。

20代前半と20代後半の女性割合

ユニバース倶楽部の会員について

なお、20代の中でも、「20代前半(20~24歳)」と「20代後半(25~29歳)」で分けて、割合をデータ化すると次のようになります。

20~24歳:2,980名

スタンダードクラス:900名(全体の約30%)
ゴールドクラス:1,516名(全体の約51%)
プラチナクラス:462名(全体の約16%)
ブラッククラス:102名(全体の約3%)

25~29歳:2,111名

スタンダードクラス:571名(全体の約27%)
ゴールドクラス:1,001名(全体の約47%)
プラチナクラス:445名(全体の約21%)
ブラッククラス:94名(全体の約4%)

数字に若干のバラつきはありますが、どちらの割合もほぼ同じ結果になりました。

20代前半に比べて、20代後半の方が、少しだけプラチナクラスとブラッククラスの割合が多いですが、ほぼ誤差でしょう。

割合の数字(%)で見ると、20代後半の方が多いですが、人数で見ると20代前半の方が多いですからね。

これが30代女性となると、前半と後半でかなり分かりやすい差が出てきます。(30代前半よりも30代後半の方が、クラスの低い女性の割合が増える)

これは、目に見える「老い(シワ・シミなど)」の部分が見た目でマイナスの評価となってしまうためと考えています。

30代前半~半ばまでは、エイジングケア・アンチエイジングの部分で若作りができても、30代後半になり一気に老化が出てきてしまうため、それがそのままクラスの割合にも反映されていました。

ただ、20代女性に関しては、前半だろうと後半だろうと、あまり関係なく美人の割合が安定しているため、このように数字で見てもほとんど差がない結果になったのだと考えています。

より若い女性が好きなら20代前半を、大人な女性が好きなら20代後半を、どちらを選んでも楽しめる結果になったと感じています。

ユニバース倶楽部のランク(女性会員のクラス)についてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部のランク(女性会員のクラス)を徹底解説します

ユニバース倶楽部の20代の女性会員の交際タイプ

ユニバース倶楽部の会員について

続いて、20代の女性会員の交際タイプについてお話ししたいと思います。

5種類の交際タイプ

ユニバース倶楽部の会員について

「交際タイプ」とは、ユニバース倶楽部で女性会員が「どういう交際内容を希望しているか」の目安になるものです。

5種類の交際タイプが用意されていて、女性は自分で好きな交際タイプを自由に設定することができます。

交際タイプの内容は、簡単に言うと「大人交際(体の関係)は基本的にする気がない」「2回目のデート以降なら可能性あり」「初回デートからでもフィーリング次第で可能性あり」など、基本的には【大人交際への温度感】で違っています。

公式サイトでは、以下のように表示されています。

交際タイプA:【お食事デート】基本的にお茶やお食事のデートを希望。肉体関係を含む交際は希望しない。
交際タイプB:【2回目以降】2回目以降のデートでお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性がある。
交際タイプC:【フィーリング次第】初日からお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性がある。
交際タイプD:【積極的】初日からスマートにお誘い頂ければ、交際に発展する可能性がある。
交際タイプE:【交通費不要】出会いのチャンスを優先したいので、お食事デートでの交通費はいらない。

交際タイプAからDまでは大人交際への温度感で順番になっているのですが、交際タイプEのみ「出会いの可能性を優先するため交通費は不要」という、やや特殊な交際内容になっています。

それでは、それぞれの交際タイプの割合をご紹介しますね。

20代の女性会員の交際タイプの割合

ユニバース倶楽部の会員について

会員サイトで、年代別の絞り込み「20代」でヒットした女性を交際タイプ別で割り振ると、このようになりました。

20代女性:5,091名交際タイプA:396名(全体の約8%、約13人に1人は交際タイプA)
交際タイプB:1,832名(全体の約36%、約3人に1人は交際タイプB)
交際タイプC:2,267名(全体の約45%、約2人に1人は交際タイプC)
交際タイプD:589名(全体の約12%、約9人に1人は交際タイプD)
交際タイプE:7名(全体の約0.1%、約730人に1人は交際タイプE)

 

①交際タイプCが一番多い

ユニバース倶楽部の会員について

20代女性の交際タイプで、もっとも割合が大きいのは交際タイプCという結果になりました。

約45%という数字なので、ほぼ半分の女性が交際タイプCを選んでいることになります。

交際タイプCは、初回からでのフィーリングや条件が合えば大人交際に発展する可能性がある一方で、合わない相手となら普通に断れる部分もあり、かなり自由度の高いのが特徴です。

なるべく早く稼ぎたい気持ちはありつつも、でも誰とでも交際できるわけではない…!と感じている女性にはうってつけの交際タイプです。

その自由度の高さが魅力なので、どの年代でも交際タイプCを選ぶ女性は多く、ユニバース倶楽部の女性会員全体の割合でみても、交際タイプCが一番多くなっています。

個人的にも、交際タイプCの女性は、「初回デートからでも大人交際ができるチャンスがある!」「交際タイプDのような割り切り感、お仕事感もない」という一方で、「大人交際に対して必ずしも積極的ではないから断られるドキドキ感もある」というワクワクできる、もっとも好きな交際タイプです。

実際に、今までにオファーした女性の統計を見てみると、交際タイプCの女性が一番多かったですね。

中には、もくろみ通り初回デートで大人交際ができた女性もいましたし、お断りされた女性もいましたが、総じてお誘いするときのワクワク感はたまりませんでした。

なお、僕に限らず、周りの男性会員の話を聞いても、交際タイプCの女性が一番好き、一番オファーをしている、という方は多かったです。

「交際タイプAやBには無い、初回デートからでもエッチできるかもしれない、という魅力」そして、「交際タイプDには無い、割り切り感の無さ、断られるかもしれないハラハラ感」が、やはり人気の理由のようです。

②交際タイプBが二番目に多い

ユニバース倶楽部の会員について

20代女性の交際タイプで、二番目に割合が大きいのは交際タイプBという結果になりました。

約36%という数字は、3人に1人以上の割合で20代女性は交際タイプBを選んでいる、ということになります。

そう考えると、交際タイプBの20代女性は結構多いですよね。

交際タイプBというのは、「大人交際に対しての覚悟は少なからずできている」「ただし、初回デートからの発展は希望しない」「早くても、2回目以降のデートで発展する可能性がある」という内容になっています。

つまり、分かりやすく言うと「エッチできる可能性があるのは、2回目のデートから」ということです。

必ずしも大人交際に対して積極的ではない、できるなら避けたいけど、お金を稼ぐためには仕方がない、でも誰でもいいわけじゃないから最低でも2回は会って様子を見たい、、、という感じでしょうか。

また、このように、少なからず大人交際に対して覚悟ができているならいいのですが、交際タイプBの女性には、「本当は大人交際はイヤだけど、交際タイプAだと全然オファーがこないから仕方がなく…」という【交際タイプ詐欺】のような方もいます。

こういった女性は、たとえフィーリングが合ったとしても、大人交際に発展できる可能性は極めて小さいので気を付けなければなりません。

「大人交際する気は無いけど、オファー欲しさに自分を偽って、相手も偽って交際タイプBにする、、、」男性からしたら迷惑極まりない、絶対にやめてほしい交際タイプ詐欺ですが、残念ながら、これが無くならないのが現実です。

ただ、こういう女性は決して多くはありません。

ユニバース倶楽部自体が、交際タイプ詐欺が起こらないよう、面接時に、かなりシビアな打ち合わせをするようなので、基本的には「詐欺じゃなく、本当に交際タイプB」と考えている女性が大半です。

あくまで、「交際タイプ詐欺を考えている女性、という存在がゼロではない」程度に考えておくのがいいでしょう。

また、交際タイプ詐欺の危険がある、怪しい女性には、プロフィールページのスタッフコメントで「この女性は交際タイプ詐欺の可能性があります」と、注意喚起をしてくれているので安心ですよ。

僕自身も、交際タイプBの女性に何度もオファーをした経験がありますが、大人交際に発展するまでには最低でも2回、長ければ3回か4回はデートを繰り返していました。

それくらいデートをして、相手の信頼を勝ち取らなければ、なかなか大人交際に発展はできない印象です。

手っ取り早くエッチがしたい男性からしたら、かなり面倒に感じるかもしれませんが、それだけ攻略する楽しみはありますし、攻略するのが難しい・時間がかかるぶん、「他の男性に抱かれている回数が少ない」という希少価値も感じられるので、そういった意味ではおすすめできる交際タイプです。

また、交際タイプBの女性は、一度心を開いて大人交際に発展できると、その後はかなり信頼を寄せてくれやすいので、長く良いお付き合いがしやすい、というメリットもあります。

目先の「大人交際に時間がかかる…」というデメリットだけを見るのではなく、長い目でみて、交際タイプB女性の魅力を見れば、きっとオファーをしたくなると思いますよ。

③交際タイプDが三番目に多い

ユニバース倶楽部の会員について

20代女性の交際タイプで、三番目に割合が大きいのは交際タイプDという結果になりました。

約12%という数字は、9人に1人以上の割合で20代女性は交際タイプDを選んでいる、ということになります。

交際タイプC、Bと比べると、一気に割合は小さくなりましたね。

交際タイプDは、現状、ユニバース倶楽部ではもっとも大人交際に対して積極的な交際タイプなので当然と言えるかもしれません。

20代女性だと、学生も多く、まだまだ大人交際に対しての覚悟ができていない女性も多いです。

それが良い悪いという話ではなく、30代や40代の女性会員と比べても、全体の割合で見ると小さくなっているのは、そのあたりに理由がありそうですね。

女性は年齢を重ねるごとに、男性経験が豊富になっていきます。

そうすると、必然と大人交際に対しての覚悟や気持ちも変わってきます。

男性経験が豊富なほど、大人交際に対しての敷居も低くなり、覚悟もできているため、より積極的な交際タイプを選ぶ傾向にある、ということですね。

大人交際をしたくない気持ちよりも、お金を稼ぎたい気持ちの方が上回る、ということだと考えられます。

とはいっても、約12%の20代女性は交際タイプDを選んでいるわけなので、より手っ取り早く大人交際をしたい男性や、割り切りの女性を探している男性にとっては、悪くはないデータかと思います。

約12%といっても、数字で見ると、589名もの20代女性が交際タイプDを選んでいるわけですからね。

僕も、交際タイプCほどではありませんが、交際タイプDを選ぶことも少なからずあります。

そのときは、もちろん「大人交際狙い」でオファーをします。

女性もその気持ちでデートに来る方が多いので、話が非常にスムーズですね。

お茶やお食事、フィーリング、信頼関係など、まどろっこしいことは忘れて、とにかく大人交際をしたい!エッチがしたい!というときは、交際タイプDの女性にオファーをするようにしています。

他の男性会員も同じ気持ちでしょう。

そして、その思い通りに、大人交際に発展できる確率も高いので、個人的には有り難い交際タイプだと感じています。

④交際タイプAが四番目に多い

ユニバース倶楽部の会員について

20代女性の交際タイプで、四番目に割合が小さいのは交際タイプAという結果になりました。

約8%という数字は、13人に1人以上の割合で20代女性は交際タイプDを選んでいる、ということになります。

交際タイプDと比べてやや低い数字ですね。

交際タイプAは「基本的に、大人交際をしないお付き合いを希望する」という交際内容なので、体の関係に対する覚悟が出来ていない方が登録するケースが多いです。

他にも、「はじめは他の交際タイプだったけど、あまりに大人交際のお誘いが多くてイヤになったから」という理由で、交際タイプAに変更するケースもあります。

あとは、大人交際のお誘いが多いわけではないけれども、「オファー自体があまりに多くて、オファーを減らす目的で交際タイプAに変更した」というケースもあります。

いずれにせよ、大人交際に対する温度感は、全交際タイプの中でもっとも低いことは間違いありません。

ユニバース倶楽部では、基本的には「(初回デートかそれ以降のデートか遅い早いは人それぞれ違えど、)大人交際を前提とした男女交際」の出会いの場を提供する考え方なので、ある意味、交際タイプAは邪道と言えます。

ただ、大人交際を強制するわけにはいかないため、「大人交際がイヤな女性の救いの場」的な存在として交際タイプAが誕生したと言えます。

交際タイプAにすると、男性からのオファーは極端に減ってしまいます。(BからAにするだけでも、目に見えてオファーが減る)

それくらい、交際タイプAは男性会員から見ると不評というわけですね。

もちろん、交際タイプAでも素敵な女性であればオファーの可能性はありますが、全体のバランスで考えると、オファーが効率的にもらえない交際タイプであることは確かなので、効率的にユニバース倶楽部で稼ぐ、出会いの機会を増やすことを意識すると非効率な交際タイプとなっています。

ちなみに、交際タイプAが交際タイプEを除いて、もっとも割合の小さい交際タイプであることは、他の年代の女性会員と比べても同じ結果となっています。

ただ、交際タイプAを選んでいる女性の人数・割合の数字自体は、他の年代と比べると多くなっています。

これは、若い女性が多いため、大人交際に対する覚悟もあまり出来ていない女性が多く、それが数字の多さになっていると考えます。

20代の女性だと、社会人経験もない学生なども多く、男性経験自体少ない、もしくは未経験の女性も少なくありません。

そういった状況で、なかなか「大人交際」と言われても、ピンとこない、怖い、と感じてしまうのは仕方がないでしょう。

以上の理由で、20代の女性で交際タイプAを選ぶ人は、他の年代と比べるとやや多めになっていると考えます。

⑤交際タイプEはもっとも少ない

ユニバース倶楽部の会員について

ちなみに、交際タイプEを選んだ女性はわずかに7名、全体の約0.1%という結果になりました。

交際タイプEは、今までご説明したA~Dとは若干交際内容が異なる特殊な交際タイプとなっています。

また、過去のユニバース倶楽部の交際タイプEを見てみると、交際内容が変わっていますので、評価が難しいところです。

今までは、「大人交際に誘ってくれないと残念です」という交際タイプDを超えるレベルの超積極的タイプだった時期もあれば、「恋愛・結婚相手としてもアリ」というガチ恋メインの時期もありました。

ただ、不評だったのか問題があったのか、これらの交際内容は一時的なもので変更されてしまいました。

そして、新たに誕生した交際タイプEが、今の「出会いの機会を優先したいため、交通費はいらない」という内容となっています。

やはり、特殊な交際タイプということと、「交通費はいらない」というのはなかなか言いづらいのか、選ぶ女性自体少ないですね。

この少なさは、20代女性に限らず、どの年代の女性でも同じような結果になっています。

これから先、また新しい交際タイプEの内容に変わる可能性もあるため、今回はこのくらいの評価とさせていただきます。

20代女性の交際タイプまとめ

ユニバース倶楽部の会員について

20代女性の交際タイプの割合をまとめると、割合の多い交際タイプの順番、各交際タイプの割合の数字などは、他の年代とそう差はありませんでした。

特に、30代女性とは交際タイプの順番は全く同じですし、割合の数字もほとんど同じですね。

いろいろな年代の女性の交際タイプの割合を見てきましたが、傾向として、若い年代(10~20代)ほど大人交際に消極的(交際タイプAやBが多く、CやDが少ない)で、若くない年代(30~40代)ほど大人交際に積極的(交際タイプCやDが多く、AやBが少ない)ことが分かりました。

これは、先ほども何度か言ったように、若い女性ほど男性経験が少ない人が多く、そのぶん、大人交際に対してのハードルが高い、できれば避けたいと考える女性が多いためでしょう。

10代女性は、顕著にその傾向が見られますが(10代女性は交際タイプBがもっとも多い)、20代女性でもまだ消極的な人が多い分、交際タイプBが二番目に多い、という結果になったと考えています。

30~40代女性と、年代が上がるにつれて、交際タイプAやBは少なく、交際タイプCやDはより多くなっていきますからね。

とはいっても、もっとも割合が多いのは交際タイプCですし、交際タイプDと合わせると約57%にもなるので、大人交際を重要視したい男性にとっては安心できる結果かと思います。

また、大人交際に対して消極的とはいえ、少なからず覚悟ができている交際タイプBの女性もいますし、長期目線で攻められる余裕がある男性には、特に困るような結果にはなりませんでした。

全体を通して、30代など上の年代と比べて大人交際に積極的さはやや欠けるものの、覚悟ができている女性は多く登録されていて、大人交際メインでも、恋愛メインでも、十分に楽しめる結果になったと感じています。

20代前半と20代後半に差はある?

ユニバース倶楽部の会員について

なお、20代女性の交際タイプを、20代前半と20代後半で分けると、次のようになります。

20~24歳:2,980名

交際タイプA:285名(全体の約10%)
交際タイプB:1,122名(全体の約38%)
交際タイプC:1,255名(全体の約42%)
交際タイプD:316名(全体の約11%)
交際タイプE:2名(全体の約0.1%)

25~29歳:2,111名

交際タイプA:111名(全体の約5%)
交際タイプB:710名(全体の約34%)
交際タイプC:1,012名(全体の約48%)
交際タイプD:273名(全体の約13%)
交際タイプE:5名(全体の約0.2%)

数字で比較してみると、20代前半も20代後半も差はほとんどありませんね。

交際タイプの割合順も、C⇒B⇒D⇒A⇒Eと、20代前半と後半でまったく一緒です。

このため、20代女性であれば、20代前半であろうが、後半であろうが、交際タイプの割合は特に変わらないことが分かりました。

強いていうなら、20代前半よりも後半の方が、より大人交際に対して積極的な割合が多いかな、という感じですね。

交際タイプAもBも、20代前半より後半の方が割合が小さいです。

そして、交際タイプCとDは、20代前半より後半の方が割合が大きいです。

このことから、20代の中でも、年齢を重ねた女性の方が、より大人交際に対しての覚悟を持っている、ハードルを低く感じていると考えられます。

交際タイプについてはこちらでより詳しく書いていますのでよろしかったチェックしてくださいね。
ユニバース倶楽部の交際タイプとは?パパ活歴3年の会員が徹底解説!

タクヤの口コミ体験談(20代女性ver)

ユニバース倶楽部の会員について

僕自身、ユニバース倶楽部でもっともオファーをし、デートをしているのが20代の女性になります。

なので、ここで取り上げるには人数が多すぎて紹介しきれません。。

そこで、今回は、僕自身が何十人もの20代女性とデートをしてきた今感じること、所感についてお話しできればと思います。

一人一人にフォーカスした口コミ体験談は、別のページで詳しくご紹介しているので、興味があればそちらを見てみてくださいね。

20代女性A
20代女性B
20代女性C

タクヤが持つ20代女性の印象

ユニバース倶楽部の会員について

数えきれないくらいの20代女性とユニバース倶楽部を通じてデートをしてきて、僕が20代女性に感じることとは、

結論から言ってしまうと、「一言では言い表せないくらい、色々な女性がいる」となります。

何の答えにもなっておらず恐縮なのですが、

考えてみた結果、この答えになりました。

20代というのは、若い女性なら学生など社会経験のない人もいますし、後半になると社会経験も豊富で結婚している人もいます。

20代の中でも、幅広い属性の女性がいて、一言で表すのは非常に難しいです。

タクヤが持つ20代前半女性の印象

20代全体だとふわっとし過ぎていて曖昧だったので、20代前半(20~24歳)に絞ってお話してみようと思います。

20代前半に絞ると、私もイメージしやすいですね。

①20代前半女性は「学生が多い」

ユニバース倶楽部の会員について

ユニバース倶楽部にいる20代前半の女性は、学生の方が多いです。

一部、社会人として働いている女性もいますが、大半が女子大生・短大生・専門学校生といった学生ですね。

なので、バイトをしている人は多いですが、社会人として就職している女性は少なく、全体的に幼いイメージです。

中には、社会経験もあり、見た目も内面も大人びた女性もいますが、ほとんどが顔つきも内面も幼い女性ばかりです。(僕が、そういう女性が好きで、よくオファーをしているから、という可能性も高いですが…)

そのため、交際をしてお金を稼ぐことに対して甘い考えを持っている女性も少なくありません。

「ご飯だけ一緒に食べて、ラクして稼ぎたい」という甘い考えを持っている女性がいる割合も、20代後半の女性と比べると多い気がしています。

もちろん、しっかりと交際クラブでの交際について理解している女性もいますが、あくまで経験則として甘い考えを持っている女性も多いと感じています。

なので、交際タイプCやDを選んでいる女性はともかく、交際タイプBを選んでいる女性でも、2~3回デートを繰り返して、そのあとで大人交際に誘うと、拒否し、途端に離れているケースもあります。

②20代前半女性は「男性を切りやすい?」

ユニバース倶楽部の会員について

また、数回デートを繰り返す前に、一度会っただけで、すぐに連絡を途絶えさせる女性も少なくありません。

このあたりは、人との縁を軽く考えているというか、少しでも気に入らない部分がある男性なら、すぐに切ってしまおう、と考えている女性が多い気がしています。

20代後半の女性ほど、こちらが大事にしてあげれば、相手も応えてくれる確立は高くなりますからね。

すぐに切ろうとしてくるのは、若さゆえもあると思いますが、「実家住まいの女性が多い」という部分も要素の一つと思っています。

20代前半で学生なら、実家住まいの女性もまだまだ多いです。

実家に住んでいれば、衣食住には困らないわけなので、お金に困窮して、何が何でも稼がないと!と思っている女性は少ないでしょう。

すると、ユニバース倶楽部で男性と出会っても、「別に、無理にこの人と交際しなくても、大してお金には困っていないし…」と思うわけです。

そして、そう思ったが最後、特にイヤなことを言われたりされたりしたわけじゃなくても、大した理由もなく相手を切ってしまう、ということですね。

このように、まだまだ人とのご縁の大切さ、などは理解がしにくい年齢だと思うので、そこは気を付けた方がいいかな、と思っています。

ここまでは、悪いことメインで話をしてしまいましたが、もちろん中にはご縁を大事にしてくれる20代前半女性もいます。

長く良いお付き合いができている女性もいるので、全員がそういうわけではない、ということは言っておきますね。

③20代前半女性は「見た目が若々しい!」

ユニバース倶楽部の会員について

あと、20代前半女性の良い所は、何より見た目が若々しいこと。

シワやシミなど全然なく、お肌が綺麗で見ているだけでもいい気分になれます。

もちろん、顔だけじゃなく体も若々しいので(お肌にハリ・弾力があり、柔らかさも兼ね備えている)、大人交際のときも存分に楽しめます。

20代後半でも大差あるわけではありませんが、若々しい女性とお付き合いをして、大人交際をするのは、また格別な楽しみがありますね。

④20代前半女性は「内面が子供っぽく可愛らしい」

ユニバース倶楽部の会員について

あと、見た目の若さだけじゃなく、内面も若い、幼い女性が多いので、そういった面は可愛らしく感じます。

会話をしたりデートをしている中で、「20歳は過ぎているけど、まだまだ子供だな~」「考え方、喋り方も幼いし、可愛らしいな」と感じることが多々あります。

そういった点がイヤな男性もいるかもしれませんが、僕は子供らしい部分を、純粋に「可愛いな」と思えるので、同じようにメリットと感じられる男性にはおすすめですよ。

考え方も喋り方もまだまだ子供っぽく幼いのに、頑張って年上の大人の男性と同じ目線でデートができるよう背伸びして、一生懸命に付き合ってくれている姿は、ほほえましいですし、愛らしく感じます。

なので、ちょっとしたマナー違反や言葉遣いの乱れも気にせず、それすらも可愛げと捉えて楽しめます。

こう思えるのは、見た目がカワイイ女性だけかもしれませんが、、、

幼い部分もあるけれど、それすらも長所と感じられる男性なら、楽しいデートになりますよ。

タクヤが持つ20代後半女性の印象

僕は、20代後半(25~29歳)の女性にも何度もオファーをし、デートをしたことがあります。

デート中の雰囲気、女性自身の立ち振る舞いなどは20代前半女性と比べると、やはり違いはありますね。

それは、20代後半という年齢は、もう社会人として長年働いて社会の酸いも甘いも経験しているし、少なからず男性経験が豊富だから、という点が影響しているのでしょう。

20代後半の女性は、いい意味で落ち着いている方が多く、しっとりとして落ち着いた雰囲気のデートができるケースが多いです。

①20代後半女性は「大人交際の覚悟ができている?」

ユニバース倶楽部の会員について

また、大人交際に対しても覚悟ができている方が多く、交際タイプCやDなら、体調さえ問題無ければ初回デートで発展できる女性が多いです。(20代後半女性で交際タイプCやDだと、ほぼ間違いなく初回デートで大人交際に発展できたように記憶しています)

このあたりが、20代前半の若い女性との大きな違いですね。

お金に困っている困っていないは別にしても、「交際クラブのお付き合い」をきちんと理解している女性が多いからこそ、「お金を稼ぐためには、大人交際をするのは当たり前」という価値観の女性が多い印象です。

そのため、交際タイプ詐欺の20代後半女性はもちろん一人もいませんでしたし、交際タイプBでも2回目のデートでは間違いなく大人交際に発展させられていました。

なんだかんだと先延ばしにして、うだうだとご飯パパを続けるような女性は一人もいませんでしたね。

「大人の落ち着いたデートが楽しめる」のと、「いい意味で大人交際に割り切りができている」のは、20代前半女性にはない、20代後半女性ならではの魅力・メリットと感じています。

②20代後半女性は「金銭感覚がまとも?」

ユニバース倶楽部の会員について

あと、20代後半の女性は、お手当の希望でバグがある人がいない印象ですね。

20代前半の女性だと、相場を無視して自分の希望を伝えてくる人や、ネットで見たのか明らかにおかしな金額を要求してくる人もいます。

それこそ、お食事だけで2~3万や、大人交際ありでも10万円以上など。

もちろん、このあたりの金銭感覚も個人差はあるのですが、それでも、20代後半女性よりは前半の女性に圧倒的にバグが発生している人は多いですね。

僕は、お手当の金額は、はじめは必ず相手に希望を聞くようにしています。

そのときに、20代後半女性から「マジかコイツ、金銭感覚バグってるやん…」というような要求をされたことがありません。

20代前半女性からは、何度かありましたけどね…

20代後半女性は、このあたりの金銭感覚もまともな女性が多く、お手当で揉めることがほとんど無いと感じています。

この点も、交際クラブでのお付き合いならではのメリットと言えるでしょう。

③20代後半女性「唯一のデメリット」

ユニバース倶楽部の会員について

なお、20代後半の唯一にして最大のデメリットと言うと、やはり「若さ」の問題でしょうか。

20代後半女性と聞くと、25や26歳くらいなら20代前半女性と比べてほとんど差はありませんが、28や29歳となると、どうしてもシミやシワが若干気になる女性もいらっしゃいます。

そのため、「見た目」で比べてしまうと、どうしても若い女性の方に分があると言えるでしょう。

お肌のハリ・質感などは20代前半女性に軍配が上がると感じています。

もちろん、それぞれお肌の質には個人差がありますし、若くても肌荒れしている女性がいれば、20代後半で肌が綺麗な女性もいます。

なので、あくまで相対的に見て、肌質に物足りなさを感じる可能性が高い、ということですね。

とはいえ、まだまだ20代なので、気になるほどのレベルの老いでは全くないのですが。

こうやって20代前半と後半を比べて見ると、何だか20代後半の方が良い点は多い気もしますね。

恐らく、人数で言うと、圧倒的に僕は20代前半女性の方が多くオファーをしていると思いますが、何だかんだ良いお付き合いができていたのは20代後半女性なのかな、とも思いました。

もちろん、20代前半でもとっても素敵で、今でもお付き合いしている女性もいるのですが。

「幼くて可愛らしい女性を愛でる」のではなく、「落ち着いた女性と大人のお付き合いがしたい」と思うなら、20代前半よりは後半の女性の方が、マッチする人は多いですね。

ユニバース倶楽部の男性会員の割り合いは?

これまでは、20代の「女性会員」にスポットを当ててご紹介してきましたが、こちらでは男性会員についても簡単にお話ししようと思います。

まず、ユニバース倶楽部の男性会員の入会規則を見てみると、「20歳以上」となっていますので、20代であれば入会の年齢基準はクリアしています。

ただし、女性と違って、男性にある最大の関門が「入会費用やセッティング料金」などの【会費】です。

入会費のせいで20代男性は少ない?

ユニバース倶楽部の会員について

ユニバース倶楽部は、交際クラブの中では比較的リーズナブルなクラブですが、それでも決して安くはない費用が掛かります。

そのため、若い男性ほど、経済的に余裕のない男性が多いため、入会できる20代男性も必然と少なくなってしまうんですね。

事実、今現在ユニバース倶楽部の男性会員の割合を占めているのが、40代男性と50代男性です。

若くても30代男性となっていて、20代男性はほとんどいないとされています。

もちろん「0人」ではありませんが、割合で見ると、1%もいないでしょう。

それくらい、20代という若さで交際クラブに入会しお遊びをできるほどの経済力を持つのは難しいことなんですね。

20代男性の割合はもっとも小さい

ユニバース倶楽部の各年代の割合を順番で書くと、次のようになります。

40代⇒50代⇒30代⇒60代⇒70代⇒20代

割合順で見ても、20代男性はもっとも少なく、多いのは40代から50代、若くても30代という結果になりました。

なお、女性会員と違って、ユニバース倶楽部では男性会員の割合や人数を数値化して公表しているわけではありません。

そのため、具体的な数字を出すことはできませんが、実際にクラブスタッフの話をまとめるとこのような結果になっています。

女性の中には、若いお金持ちの男性とデートがしたい!と思っていた方もいるかもしれません。

そういった女性には残念な結果になったかもしれませんね。

ただ、少ないとはいえ、20代男性はゼロ人ではありません。

少なからず登録はしていますし、もしかすると20代男性からオファーがくる可能性もあるかもしれません。

そこは希望を捨てずに、日々、クラブの活動に注目をしていただければと思います。

まとめ

ユニバース倶楽部の会員について

今回、お話しした内容をまとめると次のとおりです。

  • ユニバース倶楽部にいる20代女性は、クラブ全体の約71%
  • 約1.4人に1人が20代女性という結果になった
  • なお、20代女性の中での内訳は「20代前半が約41%」「20代後半が約29%」と、若い女性が多いという結果に
  • クラス(会員ランク)は、ブラック⇒プラチナ⇒スタンダード⇒ゴールドクラスという順で多くなる
  • もっとも割合の多いゴールドクラスは、20代女性の約49%、半分ほどという結果になった
  • その他の割合は次のとおり、スタンダード(約29%)、プラチナ(約18%)、ブラック(約4%)
  • 20代前半と後半の、クラスの割合には違いはない
  • 交際タイプは、交際タイプE⇒A⇒D⇒B⇒Cという順で多くなる
  • もっとも割合の多い交際タイプCは、20代女性の約45%という結果になった
  • その他の割合は次のとおり、B(約36%)、D(約12%)、A(約8%)、E(約0.1%)
  • 20代前半と後半の、交際タイプの割合に違いはない
  • ただ、20代前半よりも後半の方が、若干大人交際に対して積極的な結果(交際タイプCとDがやや多い)になった
  • 男性会員に20代はゼロではないが、割合として見るとかなり小さい(1%以下)
  • 大半の男性会員が40代か50代、若くても30代が多い

ユニバース倶楽部で、もっとも多い20代女性。

20代という年齢は、成人はしているものの、20代前半だとまだ社会に出ていない学生の方も多く、まだまだ子供、という女性も多いです。

そんな女性が精一杯背伸びをして、大人の男性と上手にお付き合いをしようと頑張っている姿は、健気で愛らしく応援してあげたくなります。

一方、20代半ばから後半にもなると、社会経験や男性経験も豊富で、交際に理解があったり、交際クラブで出会う男性とのコミュニケーションが上手な女性も多くなってきます。

すると、年齢差はあっても、大人の男性と同じ目線でギャップを感じることなく楽しいお付き合いができるようになります。

そんな子供と大人の境で揺れ動く、さまざまなタイプの女性が見られるのが20代だと思っています。

いずれにせよ、20代女性には見た目にも若々しい方ばかりで、若い女性が好きな男性からすれば、20代女性がもっとも多いという結果は嬉しいでしょう。(僕は嬉しいです!)

色々な交際クラブを渡り歩いてきましたが、ユニバース倶楽部は特に20代女性の人数と質が高い交際クラブだと思っています。

もっとも人数が多く、人数だけじゃなく、見た目にも内面にも素敵な方が多い20代女性。

20代女性が一番好き、という男性は、自分だけの素敵なパートナーが見つけられるといいですね。

そのための参考に、この記事がすこしでもなれば幸いです。

以上で、「ユニバース倶楽部の20代女性の割合・クラス・交際タイプを徹底解説」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

タクヤ

バツイチ独身のアラフォー男性です。IT系の小さい会社を経営しています。ユニバース倶楽部のパパ活歴は3年以上。オファーをした女性会員は100人以上。クラブの利用を通じて経験したこと、感じたことを思いのままにご紹介しています。
ユニバース倶楽部 登録 入会